HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
山田耕平ブログ
山田耕平 (2017年11月18日 23:36) | コメント(0) | トラックバック(0)
東京メトロ利用者の会と共に実現

 東京メトロ方南町駅のエレベータ設置工事が完了し、12月9日(土)の始発から利用が開始されることが決定しました。長年に亘り、地域の方々の念願だったエレベータ設置が実現します。 町会、商店会など地域の方々の声、「東京メトロ利用者の会」の署名運動・直接交渉など粘り強い運動が実を結びました。
 日本共産党杉並区議団は住民と共同しエレベータ設置運動に取り組んできました。
方南町エレベーター外観.jpg








方南町駅・新設出入り口の場所の外観


2000年から運動し17年

 「2000年に署名運動を始めたから、17年か...」と感慨深げに語ってくれたのは利用開始日の一報を聞いた「利用者の会」世話人の男性(87才)です。当時、一緒に運動してきた方には既に亡くなった方もいます。 
 長年の運動では様々なことがあり、メトロ本社との直接交渉では用地確保の対象範囲を広げさせたこともあります。
 2012年には「利用者の会」として、エスカレータ、階段出口の設置も要請し、後の工事計画に盛り込まれました。
 2013年に発表された当初の工事実施計画案ではエレベータの完成は最長で2019年3月完成の予定。「利用者の会」と共産党区議団が早期設置を要請。パブコメで早期設置を求める声が7割に達したことから、工事計画が前倒しされました。
 今後も暮らしやすい街づくり実現に力を尽くします。

山田耕平 (2017年11月16日 21:15) | コメント(0) | トラックバック(0)
集中豪雨による水害対策 排水管増設に向け準備工事

 8月19日(土)の集中豪雨により発生した善福寺1丁目井荻小学校横(寺分橋付近)の水害への対策工事に向けた準備工事が実施されることとなりました。
 当該地域は、昨今の局地的な集中豪雨により、道路冠水や近隣住宅の床下・床上浸水が多発しており、この間、既に排水管の埋設等の水害対策工事が行なわれてきましたが、8月19日の集中豪雨により、再び床下・床上等の浸水被害が発生しています。
 先に行なわれた杉並区議会第三回定例会の一般質問において、さらなる対策工事を求めたところ、区は追加の対策を検討することを約束。この度、当該地域の道路を試掘し、新たな排水管設置の検討が進められます。
2017水害.jpg







8月19日(土)の集中豪雨では、短時間で一気に道路が冠水し、60センチ程度の深さとなった。隣接小学校の通学路でもあり、危険な状況になっている。


寺分橋周辺の試掘工事の概要

■工事概要
寺分橋上流側の橋台に埋設されている管の活用の有無について調査する
■工事実施日・工事時間
平成29年11月20日9時~18時
工事個所.png








山田耕平 (2017年11月14日 23:41) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区議会第三回定例会一般質問で水害対策の検討方針が示される 善福寺水害多発地域で対策準備工事を開始
 集中豪雨による水害対策 排水管増設に向け準備工事
 杉並区議会第四回定例会で一般質問 保育・介護保険・外環道について
12月9日から利用開始 党杉並区議団と住民の長年の要望が実現!東京メトロ方南町駅エレベーター実現
 東京メトロ利用者の会と共に実現
 2000年から運動し17年
杉並区消防団合同点検 第三分団で一斉放水を担当
近所の畑で芋掘り体験(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース285_01.jpg











週刊山田ニュース285_02.jpg












山田耕平 (2017年11月13日 23:35) | コメント(0) | トラックバック(0)
 11月16日より、杉並区議会第四回定例会が始まります。会期は12月6日までです。
 今定例会では「保育」「介護保険制度改定」「外環道・外環の2」について一般質問します。
 保育分野については、この間、区立保育園の大規模な民営化方針が示され、保育現場や保護者に衝撃を与えています。民間の新設園が増加するなか保育の質にも格差が生じています。民営化方針の問題点を取り上げ、これ以上の民営化を進めないよう求めます。ぜひ、傍聴にお越しください。

■質問日時 11月20日(月)11時30分頃
※質問時間は多少の変更があります。
山田耕平 (2017年11月12日 23:38) | コメント(0) | トラックバック(0)
 11月12日(日)杉並区消防団合同点検が実施されました。消防団と消防署、地域防災会が災害発生を想定した緊急対応等の訓練を実施しました。
 私が所属する荻窪消防団第3分団も参加し、大規模火災発生時を想定した一斉放水訓練等を担当しました。私は放水を担当する一番員として、実技を担当しました。
 緊張感のある重要な訓練となりました。
2017合同点検.jpg



訓練を締めくくる一斉放水(手前が第三分団)



山田耕平 (2017年11月11日 23:40) | コメント(0) | トラックバック(0)
 選挙後、第四回定例会の議会準備の合間を縫って、近所の畑の芋掘り体験に参加しました。子ども達は大喜びでしたが、親も夢中に(苦笑)。土を触ると心が癒されます。この間の疲れをリセットすることができました。
 掘り出した大量のサツマイモは、cookpadを駆使して、私がスイートポテトに調理。あっという間に平らげました!
2017サツマイモ堀り.jpg




リフレッシュできました。



山田耕平 (2017年11月 7日 22:12) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区議会第三回定例会 決算(H28年度)特別委員会で方針決定 就学援助の入学準備金 前倒し支給実施へ
 保護者の切実な声と党区議団の論戦で実現
 ※入学準備金の前倒し支給について実施・決定している都内自治体
 党国会議員団の論戦の成果 就学援助の拡充も実現!
国保の都道府県化 都の試算で、杉並区の保険料は1.25倍に...法定外繰り入れを継続し、値上げストップを!
 来年4月から国保の都道府県化 このままでは保険料大幅値上げへ
 繰り入れは必要不可欠 杉並区独自の継続を
西荻女子大通り商店街のらくがき大会 荻窪消防団第三分団が放水活動
300mのらくがきは圧巻(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース284_01.jpg











週刊山田ニュース284_02.jpg












山田耕平 (2017年11月 6日 23:10) | コメント(0) | トラックバック(0)
 西荻女子大通り商店街のらくがき大会は、ご近所でもあり、毎年、家族で参加しています(私は消防団員として)。
 近隣の子ども達が大喜びで参加し思い思いのらくがきをする姿には、心が和みます。
 それにしても、300mのバス通りがらくがきでビッシリと埋め尽くされるのは圧巻です。
 イベント終了後、消防団の放水作業にも子ども達は大喜び。放水する方は、かなり体力を消耗しますが(苦笑)、実践的な訓練になりました。
らくがき3.jpg












山田耕平 (2017年11月 5日 23:09) | コメント(0) | トラックバック(0)
 11月5日(日)西荻女子大通り商店街において〝300mバス通りが巨大キャンパス〟として、らくがき大会が行なわれ、荻窪消防団第三分団も警戒活動とらくがき後の放水活動を行ないました。
 このイベントは、300mの通りをすべて通行止めにし、道路を巨大なキャンパスと見立て、地域の子ども達が自由にらくがきをするダイナミックなイベントです。
 イベント終了後には300mの通りにビッシリと描かれたらくがきを消防団の放水で洗浄。実際の消防用水利を使用するため貴重な訓練の機会になりました。
らくがき1.jpg



放水を担当しました。


らくがき2.jpg




荻窪消防団第3分団フェイスブックより



山田耕平 (2017年10月31日 23:06) | コメント(0) | トラックバック(0)
来年4月から国保の都道府県化 このままでは保険料大幅値上げへ

 杉並区議会第3回定例会決算特別委員会では、来年4月から「都道府県化」される国民健康保険について取り上げ、都道府県化されても、区独自に実施している財政措置を継続し、保険料の値上げとならないよう求めました。
 国民健康保険制度の都道府県化の狙いは、区市町村が独自に行なっている法定外繰入(赤字補填や保険料軽減などのために自治体の一般財源から投入)を無くすことです。
 この繰入が無くなれば、東京都が示した試算のとおり、加入者一人当たりの保険料はH27年度の年額12万1983円から15万2823円へと1.25倍、3万円も値上げになる可能性があります。

■杉並区のH29年度ベースでの1人当たり保険料額の試算結果

29年度試算結果

法定外繰入前(A

H27年度

法定外繰入前(B

H27年度

法定外繰入後(C

伸び率

A/B

伸び率

A/C

152,823

149,779

121,983

102.03

125.28

※29年度ベースでの試算のため、30年度の保険料算定額とは異なる。
 (東京都国民健康保険運営協議会資料より)

繰り入れは必要不可欠 杉並区独自の継続を

 決算質疑では、厚労省が試算結果を受け、急激な保険料上昇が生じないよう都道府県や区市町村に対応策の検討を要請したことを紹介し〝自治体独自の繰入等を無くせば、住民に多大な負担が生じることは国も認めざるを得なくなっている。繰り入れは不可欠であり、杉並区として継続すべき〟と求めました。
 区は「法定外繰入は禁じられているものではない」と答弁。区独自の一般財源の繰り入れを否定しませんでした。
 国民健康保険料額は来年の第1回区議会定例会に提案される予定です。今でも高い保険料の引き上げをストップさせるため力を尽くします。


山田耕平