HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
山田耕平ブログ
山田耕平 (2019年7月 2日 23:28) | コメント(0) | トラックバック(0)
 第25回参議院選挙が7月4日(木)公示、7月21日(日)投票で行なわれます。
 国民の暮らしと日本の進路がかかった選挙です。
 今回の参議院選挙では32ある1人区の全てで日本共産党など5野党・会派は候補者一本化を完了し、市民と野党の13項目の共通政策を確認しました。

ブレずに筋を貫く!日本共産党の議席増を

 安倍政権のもとで進められた社会保障の大改悪や消費税10%増税方針等、国民の暮らしに際限のない痛みが押し付けられています。
 「年金だけでは老後に2000万円不足する」との金融庁審議会報告書をめぐる安倍政権の対応に国民の怒りが高まり、参院選の争点に年金問題も急浮上しています。日本共産党は「減らない年金」「年金の底上げ」を実現するために財源案も示し論戦に臨んでいます。
 どの問題でもきっちり対案を示し、野党共闘にもブレずに筋を貫く日本共産党の議席増が必要です。
 参院選で安倍政権の暴走を止め、国民が主人公の政治を実現するために頑張ります。
吉良参議院議員2019.jpg






吉良よし子参議院議員


2019セシオン演説会.jpg


セシオン杉並演説会にて、小池・吉良議員と共に。



山田耕平 (2019年7月 1日 02:26) | コメント(0) | トラックバック(0)
 杉並区議会第2回定例会で隣接区と比較しても高過ぎる杉並区の区立施設使用料の見直しを求めました。

前回見直しで区民負担が激増

 杉並区は2014年に使用料見直しを決定、翌年から3年間で段階的に適用してきました。
 この見直しにより、多くの施設使用料が大幅な値上げとなるとともに、登録団体の2分の1減額制度の廃止や、プールなどの高齢者割引の縮小、学校開放の有料化など、区立施設に関わる区民負担が大幅に増加しています。
 党区議団は、当時の素案発表から一貫して施設使用料の引き上げによる問題点を指摘し、改善を求めています。

隣接区の2~3倍の使用料

 見直し以降、杉並区の施設使用料は他区や隣接自治体と比較しても極めて高額(2~3倍程度。下表参照)となっています。多くの施設利用者から使用料の引き下げを求める切実な声が寄せられている状況です。
 杉並区の使用料は施設維持にかかる経費について、施設面積と使用可能な時間数で按分し、1時間当たりの「原価」を算出しています。
 杉並区はその「原価」の100%を利用者の負担としており、使用料高騰の原因となっています。
 一方、他の自治体では福祉や文化・スポーツなどの社会活動や公益性を考慮し「原価」に対して、一定の割引率をかけ使用料の高騰を抑えています。

隣接自治体の集会室等の使用料比較(午前9:0012:003時間)

施設

面積㎡

定員

金額(午前)

9:0012:00

杉並

西荻窪地域区民センター第2集会室

井草地域区民センター第2集会室

杉並会館第3集会室

67.22

68.89

58.5

35

39

40

2,700

2,700

1,500

練馬

立野地区区民館会議室3

72

35

300

(1時間単位)

中野

南中野区民活動センター洋室1

68

600

世田谷

区民センター、地区会館、区民集会所

5070

810



他自治体の事例示し区に負担軽減迫る

 党区議団は、こうした事例を取り上げ、他自治体を参考にして区民負担を軽減し、使いやすい使用料へ引き下げるよう、今後の見直しで検討することを求めました。 

党区議団の論戦 使用料の引き下げに道開く 他自治体の例なども参考に見直し検討方針を示す

 党区議団の質問に対し、区は「施設の設置目的や性格等に応じ利用者負担を設定する方向で検討する」「他自治体の例なども参考に今後検討してまいります」と答弁しました。
 党区議団の論戦が高すぎる施設使用料の引き下げに道を開きました。次期見直しでは、高過ぎる使用料を引き下げることが求められます。

団体割引廃止の影響は深刻 活動が困難な実態も発生

 前回見直しでは、登録団体の2分の1減額制度が廃止されました。使用料の値上げを含めると、施設使用料が2倍以上になっているケースもあります。
 例えば久我山会館ホール使用は、これまでの2倍以上の1万円もの値上げとなっています(下表)。

久我山会館ホールの使用料
※休日午後、3時間使用の場合

2014年まで

8,000

現在

18,000


 党区議団は、値上げにより活動を諦めざるをえなかった区民の声を取り上げ、制度廃止後の影響について区としての調査を求めました。
 また、他区が登録団体の減額制度を実施している実態を示し、登録団体減額制度の復活を改めて提案しました。
 区は、実態調査について制度廃止の直前直後で「登録団体の利用率に大きな差異もなく問題ない」とし、減額制度については「受益者負担の適正化の観点」から復活の必要性はないとの姿勢を示しました。
使用料への声.png








登録団体1/2減額制度の復活を

 値上げの影響や減額制度の影響は、団体活動を継続するなかで、財政を圧迫していきます。減額制度廃止の直前直後での利用率だけを比べても、団体の活動の実態は見えません。 
 実際に値上げの影響で活動を辞めざるを得なかったとの声は党区議団だけでなく、区が作成した区民意向調査にも掲載されています。値上げによる悪影響の実態から目を背けることは許されません。
 区立施設の使用料は、利用者の所得に関わらず誰もが利用出来る金額へと引き下げることが必要です。今後も登録団体の減額制度の復活に向けて全力を尽くします。

山田耕平 (2019年6月28日 23:10) | コメント(0) | トラックバック(0)
 6月中旬、今年度の国民健康保険料通知が国保加入世帯にいっせい通知されました。

国保料 今年度も値上げ 6日間で千件以上の問合せ

 今年度の国保料の値上げは、杉並区議会第一回定例会(2・3月)において、値上げに関する議案が賛成多数で可決されたことによるものです。
 党区議団の調査では、今年度の通知に対して僅か6日間で1156件もの問合せが区民から寄せられていたことが明らかになりました。問合せのなかで多かったものの一つが「一昨年と昨年で大きく収入の増減がないのに保険料増の理由」であることを杉並区が説明しています。

■均等割額(介護分含む)の推移

2002年度

2007年度

2012年度

2019年度

35,100

47,100

54,300

67,800

 

■国保料9年間の負担増(区の資料より)

 

年収300万円40

夫婦・子ども1

年収400万円40

夫婦・子ども1

2010年度

173,172

249,372

2019年度

366,993

450,391

増額分

193,781

201,019



保険料値上げの背景に法定外繰入の段階的削減

 収入が増えていないのにも関わらず保険料が引き上げられた背景には、一般会計からの法定外繰入の段階的削減があります。
 法定外繰入は保険料の引き上げを抑制するために各自治体が行なっているものですが、安倍政権による廃止方針が示され、段階的な削減が強行されています。
 一方、党区議団の論戦により〝国の公式見解として、繰入は各自治体の判断に委ねられている〟ことを区も認め「法的な縛りはない」と答えています。
 繰入の継続は、自治体の判断で可能ですが、区は国の言いなりで「段階的縮小・廃止を進める」という姿勢に固執していることは問題です。

値上げ容認の他会派 対案示す党区議団

 国保料値上げ議案は、自民・公明等の賛成多数で可決された経緯があり、値上げを容認した各会派の責任が厳しく問われます。
 一方、党区議団は値上げの抑制を求めてきました。今年度、歳入全体で92億円程度の増収が見込まれ、増額分の内、4・8%を回せば値上げを抑えることが出来ると提案してきました。
 これ以上の保険料負担増を止めるために全力を尽くします。   

■第一回定例会 国保料値上げ議案について各会派の賛否

会派

自民

公明

平和

共産

自無

未来

立民

杉わ

美杉

維新

す自

国保料値上げに関する議案

×

×

×

※平和(社民党、ネット議員が所属)未来(国民民主党議員が所属)自無(自民党議員が所属)




「骨太方針2019」は大問題 国保料軽減に罰則措置も

 安倍政権が閣議決定した「骨太の方針2019」では、自治体に対して国民健康保険への公費削減を迫るものとなっています。高過ぎる国保料を軽減するために市区町村が独自に行ってきた法定外繰入の「早期解消を促す」と強調。繰入削減の"努力"が足りない自治体への交付金の減算(罰金)措置をつくることを明記しました。
 負担軽減は自治体の判断で実施できるものであり、罰則措置の適用は許されません。
 参議院選挙で安倍政権に厳しい審判をくだすことが必要です。

山田耕平 (2019年6月28日 02:14) | コメント(0) | トラックバック(0)
党区議団の論戦実る ブロック塀等改修助成

 平成30年6月18日の大阪北部を震源とした地震では、ブロック塀の倒壊による被害が出ました。
 党区議団は被害の発生を受け、区内ブロック塀の調査と対策を求めてきました。ブロック塀対策は東日本大震災発生後の議会論戦等でも一貫して求めてきたものです。
 現在、党区議団の論戦が実り、ブロック塀等の改修助成が開始されています。
ブロック塀申し入れ.jpg




当時の区議団で要請。

ブロック塀の安全点検を

 ブロック塀の所有者や管理者の方は、塀の傾きやひび割れ等が発生していないか、塀の状態を定期的に確認し、適切な維持管理をお願いします。その際「ブロック塀の点検のチェックポイント」(右下)を活用し、ブロック塀の安全点検をしてください。
ブロック塀点検のチェックポイント.jpg






 
 なお、幅員4メートル以上の通学路や避難路に面し(下記)、区が危険と判断したブロック塀等の撤去費を原則全額、軽量フェンス等の新設に要する費用の一部について、所有者・管理者を対象に助成が行なわれます。
rosennzu2.png







 助成対象期間は平成30年11月5日から令和2年3月31日(期間内に工事完了報告が必要)までです。
 ぜひ、助成制度を活用頂きますようお願いします。なお、申請の際は、事前に都市整備部市街地整備課へご相談ください。

 助成制度の詳細は杉並区ホームページ http://u0u0.net/hYXV をご覧ください。

山田耕平 (2019年6月26日 23:30) | コメント(0) | トラックバック(0)
 区議会控室の改修工事(6月28日~7月21日)が行なわれます。
 この期間は控室を使用出来ません。
 ご用件の際は、090-9973-0941(山田)までご連絡ください。
山田耕平 (2019年6月25日 04:32) | コメント(0) | トラックバック(0)
 第二回定例会が閉会し、選挙を目前にして区議会の大規模引越しが始まりました。
 もう目が回るような忙しさです(泣)。
 昭和30年代の古文書等も次々と発見され、取り扱いにも頭を悩ませています(苦笑)。しかし、当時の議員の奮闘記録を見て、日本共産党の歴史の重みを感じているところです。

山田耕平 (2019年6月20日 22:24) | コメント(0) | トラックバック(0)
 小学校のプール開きを前にヤゴ救出大作戦が行なわれました。
 プールから救出したヤゴは息子が家に持ち帰り、せっせとお世話をしてきました。
 ある日の早朝、無事羽化。立ち会った息子は大喜び。
 良い経験になりました。
IMG_4062.JPG








綺麗なトンボに。



山田耕平 (2019年6月11日 23:18) | コメント(0) | トラックバック(0)
 6月9日(日)荻窪消防団操法大会が開催され、私が所属する荻窪消防団第3分団が準優勝しました。

1番員(放水担当)で出場

 消防操法は火災現場を想定した訓練の一つであり、基本的な操作の習得を目指すために実施されています。
 防火水槽から給水、火災現場を想定した火点(的)にめがけて放水し、撤収するまでの一連の手順を演じます。採点は各番員の正確さ及び火点の的が倒れるまでのタイム等が減点法で採点され、減点が少ないチームが上位となります。
2019大会.jpg



操法中の1番員(私)の放水姿勢。水圧に振られないよう筒先を保持します。


 私は放水を担当する1番員を務め、7回目の出場となりました。この間、大会に向けて2月から訓練に励んできました。大会当日の操法では、私の行動減点は無かったとのことで、訓練成果を発揮することができました。
 残念ながら優勝には届きませんでしたが、引き続き、頑張ります。

ご支援に心から感謝致します!

 操法大会に向けて2月から約4カ月間の訓練に励んできました。この間、分団や地域のみなさんのご支援、党関係者のご理解とご協力、家族の支えによって乗り切ることができました。全てのみなさんに心から感謝致します。ありがとうございました!

山田耕平 (2019年6月10日 02:12) | コメント(0) | トラックバック(0)
 幼いころより西荻の街には大変お世話になってきました。思い出深いお店は「TOYえびすや」。今は閉店してしまいましたが、私が子どもの頃から私の子どもまで2世代がお世話になりました。
 小さくとも魅力的で個性豊かなお店が軒を連ねる、西荻の街を守るために全力を尽くします。

山田耕平