HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
山田耕平ブログ
山田耕平 (2017年6月12日 23:52) | コメント(0) | トラックバック(0)
高円寺地域の学校統廃合による巨大校舎建設計画 住民弾圧の暴挙! 杉並区でスラップ訴訟
 前代未聞の事態に...公共工事業者が住民を訴え
 教育施設としても重大問題 住民との対話と計画見直しを
 ※スラップ訴訟とは?
スラップ訴訟を起こした高円寺小中一貫校建設業者 住民説明会で隠し撮り 重大な人権侵害
 杉並区、業者の隠し撮りを容認
 ※巨大校舎の全容
いよいよ操法大会!全力疾走!(今週の一コマ)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース272_ページ_1.jpg











週刊山田ニュース272_ページ_2.jpg












山田耕平 (2017年6月10日 22:50) | コメント(0) | トラックバック(0)
 6月11日(日)午前、荻窪消防団の操法大会が開催されます。各分団が日頃の訓練の成果を競い合う、消防団最大のイベントです。私は今年も操法の選手(2番員:ホースを全速力で運ぶポジション)となり、日夜、全力疾走しています。
 訓練が開始された3ヵ月間、連日、筋肉痛に悩まされ、体力勝負でなんとか乗り越えてきた日々でした(苦笑)。最後まで気を抜かず、良い結果を出せるよう頑張ります!
2017操法大会訓練終盤.jpg





ホースを支えているのが山田です。




山田耕平 (2017年6月 9日 23:44) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区、業者の隠し撮りを容認

 今回の工事業者は、スラップ訴訟を起こすことを前提に、工事着工以前から住民を監視していたことが明らかとなっています。訴訟では、訴えられた住民の写真と氏名が裁判資料として提出されています。
 その写真は、昨年12月17日、杉並区が主催した工事説明会で建設業者が参加した住民の様子を隠し撮りしていたものであり、当時、住民がプラカードを掲げての抗議行動などを行なっていない段階から、建設業者が住民を監視していた実態が明らかとなりました。住民の肖像権やプライバシー権を蹂躙する重大な人権侵害行為です。
 杉並区は住民説明会において、参加者を撮影することも告知しておらず、工事業者の隠し撮りについては〝記録用として撮影の必要があると判断したと認識している〟〝画像の消去などを指導する考えはない〟と盗撮を容認する見解を示しました。
行政などの公権力が、自ら委託した公共事業の建設業者による住民への人権侵害行為を認めるなど、到底、許されないことです。
 杉並区が住民の人権を守る姿勢を堅持し、事業者に対して、厳格な指導を行なうよう求めます。

巨大校舎の全容

 高円寺地域で進められる小中一貫校計画では、中学校一校分(高円寺中)の用地に3.5校分の子どもが通う巨大校舎を建設することになります。そのため、校舎が60m×70m×高さ30mという巨大な構造物となります。計画用地の周辺は閑静な住宅街が広がっており、巨大校舎の影響は深刻です。
高円寺巨大校舎建設現場(現況).jpg


巨大校舎の建設イメージ図(現況)


高円寺巨大校舎建設現場(計画後).jpg


巨大校舎の建設イメージ図(計画後)



山田耕平 (2017年6月 8日 23:39) | コメント(0) | トラックバック(0)
前代未聞の事態に...公共工事業者が住民を訴え

 高円寺地域で進められる小中一貫校の巨大校舎建設計画で、工事業者が近隣住民に対し、抗議行動の中止を求める仮処分を申し立てました。巨大校舎建設計画により、住環境を脅かされる住民の抗議行動(プラカードを掲げる等)を恫喝し、委縮させることを目的とした「スラップ訴訟」です。
 この間、杉並区は近隣住民の住環境への影響等を懸念する声を無視し、巨大校舎建設計画を強行。建設現場の対応は工事業者に丸投げしてきました。
区の極めて無責任な姿勢が、地方自治体の公共工事では異例の事態となる「スラップ訴訟」に繋がりました。この事態は、多くのマスコミが取り上げています。
スラップ訴訟抗議行動.jpg


杉並区役所前では近隣住民と住民側弁護士が区の対応の改善を求めて切実な声をあげた。

高円寺スラップ訴訟東京新聞報道.jpg








東京新聞2017年5月12日付け(上)で詳細が報道され、その後、多くのマスコミにも取り上げられる事態に。


※スラップ訴訟とは?

 スラップ訴訟とは「住民の行動に対する戦略的な対抗訴訟」の英訳の頭文字をとった言葉で、通称「恫喝訴訟」とも言われています。
 権力を持った企業や政府等の優越者が〝公の場での発言や政府・自治体などの対応を求めて行動を起こした〟権力を持たない弱者や個人・市民・被害者に対して、威圧的、恫喝的、報復的な「いやがらせ」を目的として起こす訴訟です。
被告となった側は法廷準備費用、時間的拘束等の負担を強いられるため、仮に原告が敗訴しても、主目的の「いやがらせ」は達成されます。
 欧米では、スラップ訴訟が表現の自由を揺るがす行為として大きな問題となっており、法律で禁じている自治体もあります。



教育施設としても重大問題 住民との対話と計画見直しを

 本来、学校施設とは地域コミュニティの拠点です。区の教育ビジョンでも「地域・学校が協働し、共に支える教育を進める」としています。
 しかし、学校を建設する際に、地元住民がその校舎により安心して暮らせる住環境を脅かされ、行政からも対話を拒絶され、抗議をすればスラップ訴訟を起こされる...、まさに、異常極りない事態であり、区の教育方針とも矛盾するものです。
 区は直ちに工事を中止し、住民との対話により問題解決に取り組むべきです。

山田耕平 (2017年5月26日 22:43) | コメント(0) | トラックバック(0)
日本共産党「講演と音楽の夕べ」が盛況!5.22演説会 杉並公会堂に800人
 改憲止め逆立ち都政ただす 都議選必勝に向けて全力
 原田あきら都議予定候補 都政転換へ気迫の訴え
2017年度第1回臨時会が開会 2017年度 杉並区議会の体制が決まる
 臨時会で各委員会の配置等を決定
 議長・副議長の辞任に伴う選挙も
すぎなみ保育緊急事態宣言解除 "子どもから公園を奪う"事態を発生させ
 待機児童ゼロも実現出来ず...
綱渡り生活終了(泣)(山田耕平・育メン日誌)


山田耕平 (2017年5月24日 23:00) | コメント(0) | トラックバック(0)
改憲止め逆立ち都政ただす 都議選必勝に向けて全力

 5月22日(月)、杉並公会堂大ホールにおいて、都議選勝利・躍進をめざす日本共産党演説会「講演と音楽の夕べ」が開かれました。会場には、800名を超える参加者が集い、講演と音楽に聴き入りました。
 第一部では、元日本フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者の奈切敏郎さんをはじめとする3名の奏者によるピアノトリオによる素敵な演奏に会場中が酔いしれました。
5.22演説会ピアノトリオ.jpg



ピアノトリオによる演奏。


 第二部では、おさない史子衆議院東京八区予定候補が、青年の置かれる深刻な実態を告発。国政の転換に向けた決意を語りました。
 吉田信夫都議会議員は、逆立ち都政をただし、都民生活の守り手として奮闘してきた党都議団の役割を紹介。原田さんを都政に押し上げてほしいと訴えました。
 田村智子参議院議員・日本共産党副委員長は安倍首相の異常な改憲の狙いや国民の内心を処罰する「共謀罪」法案の強行など、政権の深刻な暴走の実態を告発。自公政権と正面から対決する日本共産党の取り組みを紹介し、都議選で安倍政権に退場の審判を下すことを訴えました。
5.22演説会予定候補者.jpg



原田あきら勝手連作成の「あきら」「頑張れ」プラスターを掲げ、演説会参加者と記念撮影。


原田あきら都議予定候補 都政転換へ気迫の訴え

 原田あきら都議予定候補は、4期14年の区議会議員活動で培った経験を活かし都政転換に取り組むことを力強く決意表明。何としても都政に送り出してほしいと訴えました。原田都議予定候補の訴えを受け、演説会参加者は大きな拍手と歓声で応えました。
5.22演説会原田訴え.jpg












日本共産党演説会へのご参加ありがとうございました!

山田耕平 (2017年5月21日 22:12) | コメント(0) | トラックバック(0)
 妻の悪阻がやっと落ち着きました。この間、一番大変なのは妻だったと思いますが、私も本当に大変でした(泣)。
 日常の議員活動にプラスして幹事長としての各会派間交渉(かなりストレスがたまります)、消防団の操法大会に向けた訓練(ストレス発散になりますが体力を消耗します)、育児に家事等々...。日々、目の回るような忙しさでしたが、何とかなるものです。
料理のレパートリーがもの凄く増えた日々でもありました(90種類程度)。朝ご飯も夕ご飯も私が作るようになり、子どものお弁当も作れます。
 綱渡りのような生活を「気合い」と「ド根性」と『クックパッド』で乗り切りました。今後も、精進します!
レシピじゃがいもとウィンナー.jpg





我が家でダントツの人気レシピは、旨うま❤コンソメポテト★ウィンナー炒め★



山田耕平 (2017年5月20日 23:08) | コメント(0) | トラックバック(0)
 すぎなみ保育緊急事態宣言が解除されました。
 この間、緊急事態宣言に基づく待機児童解消緊急対策では、下井草地域・久我山地域の公園を乱暴に転用する保育所整備を強行し、マスコミにも大きく取り上げられる問題となりました。緊急対策では、"29年4月に『待機児童ゼロ』を達成します"とし、子どもたちの利用頻度が高い公園などを問答無用で奪い取り、保育所を整備しましたが、結局は、保育所整備の地域的な偏在などを発生させ、待機児童ゼロも実現していません(待機児童数29名)。〝公園の代替用地を確保する〟との住民との約束も守られておらず、区の場当たり的な対応は許されません。
待機児童ゼロ宣言バナー.jpg

杉並区ホームページでも「待機児童ゼロ」を明言している...。


山田耕平 (2017年5月19日 22:05) | コメント(0) | トラックバック(0)
臨時会で各委員会の配置等を決定

 5月17日・18日、杉並区議会第1回臨時会が行なわれました。新年度初回の臨時会では、議案の審査・議決の他、新年度の議会体制を決定します。各会派の協議により特別委員会の位置付け・配置等を検討し、各委員会の委員を選任します。
日本共産党杉並区議団の新年度体制は下記の通り決定しました。

日本共産党杉並区議団の体制

常任委員会                 
◆総務財政委員会:富田たく         
◆区民生活委員会:くすやま美紀(副委員長)
◆保健福祉委員会:山田耕平         
◆都市環境委員会:金子けんたろう      
◆文教委員会:上保まさたけ

特別委員会
◆災害対策特別委員会:富田たく(委員長) 金子けんたろう
◆道路交通対策特別委員会:山田耕平
◆文化芸術・スポーツに関する特別委員会:くすやま美紀
◆議会改革特別委員会:上保まさたけ

◇議会運営委員会:山田耕平 ◇議会運営委員会理事:山田耕平

会派内人事
■団長:くすやま美紀
■幹事長:山田耕平
■副幹事長:金子けんたろう
■経理責任者:上保まさたけ

議長・副議長の辞任に伴う選挙も

 臨時会では、議長と副議長が一身上の都合による辞職を願い出たため、直ちに議長・副議長の選挙が行なわれました。本来、地方自治法では〝議長及び副議長の任期は議員の任期による〟(4年)としています。しかし、杉並区議会では、慣例により、議長・副議長が一年で交代しています。区民からは〝議長・副議長ポストの「たらい回し」ではないのか?〟等の疑問の声も出されています。議長・副議長任期の在り方についても区民目線での改革が求められています。

山田耕平 (2017年5月14日 23:44) | コメント(0) | トラックバック(0)
素敵な音楽と共に、日本共産党の話を一度聞いてみませんか?5.22 日本共産党演説会開催
緊急学習会開催「危機をむかえる朝鮮半島 実情と周辺地域の対応??影響」
都営住宅の入居者募集が行なわれます
束の間のお休み...(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース270_ページ_1.jpg











週刊山田ニュース270_ページ_2.jpg












山田耕平