HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
山田耕平ブログ
山田耕平 (2019年2月20日 23:21) | コメント(0) | トラックバック(0)
 2月12日から開催されている杉並区議会第一回定例会にて、日本共産党杉並区議団は学校給食費の保護者負担を軽減するために、給食費負担軽減条例を提案しました。

給食費 年間5~9万円 子育て世帯に重い家計負担

 杉並区立小中学校の給食費は保護者負担となり、小学校低学年で年額約5万5千円、中学校では年額約7万2千円です。また、アレルギー疾患などの児童生徒に対しては、対応食となり金額が高くなります。中学生のアレルギー対応食の給食費は年額で約9万3千円と、家計にとって重い負担です(下表)。

■杉並区立小中学校の給食費(2018年度)
給食費負担.jpg



義務教育費の無償化を 年額1万1千円の助成へ

 学校給食費については、既に全国で82の自治体が無償化を進めています(平成29年度・学校給食費の無償化等の実施状況より)。
 国の食育基本法では学校給食を教育の一環と位置付けており、憲法26条で義務教育の無償化が定められていることから、小中学校の給食費は無償であるべきです。
JCPサポーターズ給食費助成チラシ.jpg









JCP杉並サポーターズが作成した条例提案をお伝えするチラシ

区の財政力で直ちに実現可能

 党杉並区議団は、給食費無償化の第一歩として、また、家計負担の軽減を目指し、年額1万1千円の給食費負担軽減条例を提案しました。
 杉並区の財政力があれば直ちに実現可能な施策です(下)。
給食費助成財源.jpg





 条例については2月22日の文教員会で審議されます。条例の実現に向けて全力を尽くします。

山田耕平 (2019年2月17日 23:32) | コメント(0) | トラックバック(0)
国のガイドラインや要綱に沿わない事業 杉並区も認める 機能継承の前提崩れる

 区議会第一回定例会の代表質問・一般質問では、杉並区が進める児童館全館廃止方針の問題を取り上げ、児童館の存続を求めました。
2019代表質問.jpg






党区議団を代表して代表質問


 区は区立施設再編整備計画において、児童館を全館廃止し、小学校内で実施する放課後等居場所事業等に「機能継承し拡充する」と強弁してきました。
 一方、放課後等居場所事業では、児童館機能は大幅に縮小し、継承どころか全く別の事業に変質しています(下表・荻窪北児童館の事例)。
荻北児童館.jpg










 質問では、実際の運営上の問題点を指摘し、放課後等居場所事業が、児童館に関する国のガイドラインや要綱に沿っているのか質しました。
 区は「沿うものではない」と答弁。児童福祉法に基づく児童福祉施設ではないことも認めました。

児童館ガイドライン(抜粋)

第1章総則
1理念
児童館は、児童の権利に関する条約に掲げられた精神及び児童福祉法の理念にのっとり、子どもの心身の健やかな成長、発達及びその自立が図られることを地域社会の中で具現化する児童福祉施設である。
3 施設特性
(1)施設の基本特性
児童館は、子どもが、その置かれている環境や状況に関わりなく、自由に来館して過ごすことができる児童福祉施設である。
①子どもが自らの意思でひとりでも利用することができる。
(3)児童館の特性
①拠点性
児童館は、地域における子どものための拠点(館)である。

児童館の設置運営要綱(抜粋)

第1総則 3設備及び運営(1)設備
ア 建物には、集会室、遊戯室、図書室及び事務執行に必要な設備のほか、必要に応じ、相談室、創作活動室、静養室及び児童クラブ室等を設けること。

児童館廃止はストップを

 国の「児童館ガイドライン」では、理念や目的が定められ、児童館は、児童福祉法に基づく児童福祉施設であると定められています。
また「児童館運営設置要綱」では、集会室、遊戯室、図書室及び事務執行に必要な設備のほか、必要に応じ、相談室、創作活動室、静養室及び児童クラブ室等を設けることが定められています。
放課後等居場所事業は、児童館機能の継承にはならず、児童館廃止に道理はありません。廃止方針を止めるべきです。

山田耕平 (2019年2月16日 23:37) | コメント(0) | トラックバック(0)
 一年で最も忙しい時期(予算議会)になりました。今年は自らの選挙や父母会長の事務等々...。毎日、目の回るような忙しさです。
 最近、家に帰ると息子と娘からお決まりの言葉をかけられます。「もう行かない?」...この後、仕事に出かけるかどうかの確認です。
 大抵は「まだ仕事なんだ」となりガッカリ。
 たまに「行かないよ」となると大喜び(泣)。
 子どもとの時間も取れず辛い日々ですが、今は踏ん張るときです。
たまごサンド作成.jpg







時間がある時は、子どもとご飯作り。家事+子どもとの交流で一石二鳥。
サンドイッチ作りをお手伝いしてくれました。


たまごサンド2.png








姉の作ったサンドイッチをムシャムシャ



山田耕平 (2019年2月 9日 23:16) | コメント(0) | トラックバック(0)
住民説明会で切実な声が寄せられる

 公園遊具の撤去・改修方針が問題となっていた井荻公園で、住民説明会が開催されました。
 参加した住民からは、子どもたちが慣れ親しんだ木製遊具を残して欲しい、計画の進め方が住民不在で問題がある、地元小学校の3年1組の児童全員が反対している、等の切実な声が寄せられました。
 住民からの意見を受け公園の所管課長は〝寄せられた意見を踏まえて計画に反映させる。ゼロベースも含め再検討する〟と回答しました。
 公園整備に関わる国の指針では、遊具の設置等には、住民との連携の必要性が示されており、住民と行政の協働と連携による公園整備を進めていくことが求められます。

計画見直しを決定

 その後、杉並区は、木製遊具を存続させることを決定し、井荻公園における今後の遊具のあり方については、住民と協議し検討することが示されました。
 住民の声を受け止め、計画を見直した点は重要です。
井荻公園遊具1.jpg








井荻公園の木製遊具1


井荻公園遊具2.jpg








井荻公園の木製遊具2


IMG_3330.jpg




計画見直しに関する掲示


 今後の公園整備のあり方は、行政と住民との協働による計画策定が求められます。
 住民の声を計画に反映させるため、引き続き、頑張ります。

山田耕平 (2019年2月 1日 23:21) | コメント(0) | トラックバック(0)
11公園の遊具を撤去

 杉並区は公園遊具の長寿命化方針に基づき、遊具の撤去・改修作業を開始しています。多くの遊具が撤去され、遊具が新設されたとしても規模が縮小するケースが相次いでいます。
 今まで使い慣れた公園遊具が、突然、バリケードで封鎖され、撤去工事が進められていることに利用児童や保護者、近隣住民から怒りの声が広がっています。

井荻公園 住民説明会の開催とバリケート撤去を要請

 近所の井荻公園(通称:どんぐり公園)においても撤去作業が開始されており、住民の声を受け、住民説明会の開催とバリケード撤去を求めました。
 区はバリケード撤去と説明会開催を約束しましたが、計画には固執しており、問題です。
井荻公園バリケード.jpg




井荻公園は木製遊具2基が撤去される

住民との協議を求め緊急申し入れ

 各地で遊具撤去が進められる事態を受け、党区議団は緊急申し入れを実施。工事中止と住民との協議により計画を再検討することを求めました。国の指針では、計画段階から住民と情報を共有し、連携することが示されており、住民合意に基づく公園整備が必要です。
公園遊具緊急申し入れ.jpg





■11公園の遊具改修内容と実施時期
11公園の遊具改修詳細.jpg



多くの公園で既存遊具の撤去により、新設遊具の設置数や規模が縮小することになります。


山田耕平 (2019年1月16日 23:41) | コメント(0) | トラックバック(0)
大深度地下工事なのに地上にも重大な影響 前提が崩れる異常事態を告発

 1月15日、 東京地裁103号法廷にて、東京外環道訴訟第4回口頭弁論が行なわれました。
 私と三鷹市議の野村羊子さんが原告を代表して、口頭陳述しました。※陳述原稿は下記
 国・事業者は外環道計画は大深度地下を使用するため「地上に影響は無い」と説明してきましたが、地上に酸欠ガスや地下水が噴出する事故が相次ぎ、大深度法の前提条件が崩壊する異常事態となっています。
 住民の生命と財産を脅かす外環道計画は直ちに中止すべきです。

傍聴へのご参加、ありがとうございました!

 東京外環道訴訟は第3回口頭弁論から、傍聴席100席の大法廷103号法廷に変更になりました。前回も今回も傍聴席を埋め尽くす方にご参加頂きました。傍聴へのご参加、本当にありがとうございました。
 引き続き、外環道計画の中止を求めて全力を尽くします!

2019.1.15第4回口頭弁論原告陳述(山田耕平)

 原告の山田耕平です。
 私は幼いころより、外環道計画沿線の杉並区善福寺地域で育ち、現在も3児の父親として、子どもを育てています。豊富な水源と緑豊かな善福寺地域は、何世代にもわたり、地域住民に様々な恩恵を与えてきた、かけがえのない宝です。
 私は2011年より、杉並区議会議員を務め、現在2期目の任期中です。議員となり、杉並区議会の外環道計画の調査を担当する特別委員会に約8年間所属してきました。
 私は基礎自治体の議員として、住民生活や地域の自然環境、住環境を守る義務を負っています。地域の自然環境、住環境に深刻な影響を与える事態を防ぐ立場から、大深度使用認可の無効・取り消しを求め、意見を申し述べます。

 この間、とりわけ深刻な事態となっているのは、昨年発生した酸欠ガスの地上への噴出と地下水の複数箇所での噴出です。
 国・事業者は、外環道計画における大深度地下の使用にあたり、地上部に影響は与えないと、再三にわたり、説明してきました。しかし、現実には国・事業者が自ら「想定外」と認める地上への重大な影響が発生しています。
 地上に噴出した酸欠ガスは、酸素濃度が1.6から6%と極めて低く、最大噴出量は毎分13ℓとのことです。人間の一呼吸を0.5ℓと想定すると、地上に噴出した酸欠ガスを一呼吸でもすれば瞬時に昏倒し、死亡しかねない事態です。
 計画沿線の善福寺池には、昨年、遅野井川親水施設が整備され、子どもたちが善福寺池の水辺で川遊びをすることができるようになりました。この親水施設は地下水をポンプアップして使用しており、至近を通過する外環道の影響が懸念されます。子どもたちが遊ぶ水辺で酸欠ガスが発生すれば、取り返しのつかない事態にもなりかねません。近隣に住む母親は「子どもへの影響が心配で気軽に近寄れなくなる」との声を寄せており、沿線住民の不安の声は高まっています。
 このように地上への重大な事象が発生している事そのものが大深度法の大前提を崩すものです。杉並区の所管課長は、"大深度法の前提は、地下40メートル以深に工作物をつくる場合、それ以下は私権が及ばず、それ以上の浅い部分には影響が無いため大深度を使用できると解釈している"との認識を示しました。
 地上部分に影響が発生することは許されないことです。

 さらに、この間の国・事業者の基礎自治体への不誠実な対応は目に余るものがあります。
 沿線自治体・議会・沿線住民から出されている様々な質問や要望に対し、説明責任は果たされておらず、質間や要望は常に棚上げにされてきました。この間、積み上げられた質間、要望項目は多岐に亘り、杉並区からも、再三にわたり、国・事業者への改善を求める意見が挙げられています。
一例を挙げれば、 2016年、杉並区議会第 1回定例会の議会質間に対し、杉並区の担当部長は、「大深度地下工法という、これまで例を見ないような新たな工事方法であり、その上にお住まいの方がご心配されるというのは、至極当然。国などの事業主体に対しては、そういった方々の心情を十分に踏まえた、丁寧な対応をして頂けるよう、引き続きお願いする」と答弁しています。
 しかし、国・事業者は、こうした地方自治体からの要請を真摯に受け止めていません。先ほど取り上げた、酸欠ガスの発生への対応は、その最たるものです。
 酸欠ガスの発生が明らかとなって以降、杉並区は議会からの質問に対し「国に対し、住民への丁寧な説明を求める」と一貫して訴え続けてきました。しかし、結局は、その要請も受け入れられていません。
 酸欠ガスと地下水噴出については、世田谷区でのみ説明会が開催され、沿線自治体での住民説明会は未開催のまま、本年1月中旬にも工事が再開されようとしています。この事態に対し、杉並区の所管課長は「このような進め方をされては困ると国に伝えた」と、厳しい口調で語っています。
 国・事業者の姿勢は、住民の生命と安全に責任を負う基礎自治体を軽視し、地方自治と地方分権を蔑ろにするものです。地方議会議員としても、到底認めることは出来ません。

 縷々述べてきましたが、裁判長におかれましては、地上への影響を与えないとした大深度法の前提が崩れ、住民の安全を脅かしている現状を事実として確認し、大深度使用認可の無効・取り消しを判断して頂くと共に、地方自治体の独立性や権限、住民自治を歪めて進められている外環道計画の問題を正すべく、司法としての賢明な判断をお願いしまして、私の陳述を終わります。

山田耕平 (2019年1月13日 23:37) | コメント(0) | トラックバック(0)
 外環計画至近の善福寺池には、昨年、遅野井川親水施設が整備され、子どもたちが善福寺池の水辺で川遊びをすることができるようになりました。
 私の子どもも利用しています。
 子どもたちが遊ぶ水辺で酸欠ガスが発生すれば、取り返しのつかない事態となります。一人の父親としても地上に深刻な影響を生じさせる計画を見過ごすわけにはいきません。
善福寺親水施設.jpg





山田耕平 (2019年1月13日 23:20) | コメント(0) | トラックバック(0)
1月26日大泉JCTでシールドマシン発進式、1月中旬東名JCTから民地への本格掘進

 国土交通省は、2019年から外環道計画の工事を本格化させようとしています。
 1月26日には、大泉ジャンクションでのシールドマシン(トンネル掘削機)発進式、1月中旬には東名ジャンクション工事ヤードから民地への本格掘進が始められようとしています。
 この間、東名ジャンクション地域では、低酸素濃度の気泡(酸欠ガス)や地下水が噴出する問題が発生し、工事は止まっていました。トンネル掘削工事に起因する現象であり、国・事業者も「想定外」とする事態です。
 地上に噴出した酸欠ガスの酸素濃度は1.6から6%と極めて低く、最大噴出量は毎分13㍑とのことです。人間の一呼吸は0.5㍑程度であり、地上に噴出した酸欠ガスを一呼吸でもすれば瞬時に昏倒し、死亡しかねない事態です。
野川から酸欠ガス.jpg




野川から酸欠ガスが発生


東京外環道訴訟を支える会のフェイスブックから、噴出する酸欠ガスの動画がご覧になれます。


対策も住民説明会も無く工事着工は許されない

 これまで国は、外環トンネルは大深度地下を使用するため地上に影響は無いと説明してきました。しかし、現実には地上への影響が発生し、住民の生命や財産が脅かされています。
 杉並区を始め沿線自治体も、この事態を重く受け止め、国に対し調査や対策を求めています。しかし、具体的な調査や対策は依然として示されていません。
 説明会の開催も要請されていましたが、気泡や地下水噴出に関する説明会は世田谷区でのみ実施され、近隣自治体では未開催のまま、東名側工事は再開されようとしています。

工事本格化止めよ!

 深刻な問題を発生させながら工事を本格化させることは問題です。工事中止を強く求めます。

外環道計画に関わる日程

■1月15日(火) 東京外環道訴訟第4回口頭弁論
・午後2時~ 東京地裁103法廷※
・午後3時~ 報告集会(衆議院第2議員会館 第1会議室)
※私が口頭陳述します。

■大泉JCTからのシールド機発進への抗議集会
・1月26日(土)午後1時~ 大泉JCT発進式会場入口周辺

山田耕平 (2019年1月 9日 23:44) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区に年頭の申し入れ

 1月8日、日本共産党杉並区議団は、杉並区に対し、くらしと福祉、教育等の充実を求める年頭の申し入れを行ないました。
 申し入れでは、杉並区として国に対し、憲法9条の改悪を止めさせると共に、今年10月に予定されている消費税10%増税に反対の声をあげることを求めました。
2019年申し入れ.jpg





 さらに杉並区に対し、高過ぎる国民健康保険料の引き下げ、児童館・ゆうゆう館の存続、小中学校体育館へのエアコン設置とトイレの洋式化の促進などを求めています。
 申し入れには副区長が対応し、申し入れ項目の内、体育館へのエアコン設置について「早急に取り組みます」と答えました。

新年から宣伝にも全力

2019井草八幡宮宣伝.jpg





毎年恒例、元旦の井草八幡宮前での宣伝


2019阿佐ヶ谷駅頭宣伝.jpg


1月6日阿佐谷駅頭で吉良参議院議員と共に街頭演説


2019練り歩き宣伝.jpg





地域での練り歩き宣伝


 今年の4月21日に実施される杉並区議会議員選挙では、党区議団は現有5議席から7議席に挑戦し、オール与党化する杉並区議会の転換を目指します。私も2期目に挑戦します。夏の参議院選挙と合わせて安倍政権に退場の審判を下す最大のチャンスであり、新年から全力で宣伝行動に取り組んでいます。みなさんのご支援をよろしくお願いします。
2019区議選候補者7名.jpg




7人の立候補予定者


山田耕平 (2019年1月 8日 23:09) | コメント(0) | トラックバック(0)
 我が家は共働きのため、長期休みの際は息子を学童クラブに通わせています。
 給食が無いため、毎日、私と妻の交代で(主に私)お弁当作りです。
 弁当を作りながら「親にも苦労をかけただろうな~」などと思いつつ、悪戦苦闘しています。クックパッドはフル活用です。
 将来、弁当が3人分になったらと思うと...ゾッとしますね(苦笑)。
2019弁当持参で散歩.jpg

手作りお弁当を持参してお散歩。
この時のレシピは、ミニおにぎり(シャケ、ゆかり、わかめ)、卵焼き、ウィンナーのケチャップ炒め、ほうれん草の和えもの、ほうじ茶。
たくさん食べて、大きく育て~



山田耕平