HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2017年7月アーカイブ

山田耕平 (2017年7月30日 22:12) | コメント(0) | トラックバック(0)
 日本共産党杉並区議団は毎年、7・8月にかけて杉並区内の各団体との予算要望に関する懇談会を行なっています。
 区内各団体や各分野から杉並区政への要望や問題点を聞き取り、次年度の日本共産党杉並区議団の予算要望に反映しています。
 さらに、お寄せ頂いた陳情や要望は、今後の議会活動や党区議団の区政政策にも活かしています。
区内団体懇談.jpg





懇談にご協力頂ける場合はお気軽にご連絡ください
090‐9973‐0941
山田耕平 (2017年7月21日 23:04) | コメント(0) | トラックバック(0)
 東京外かく環状道路(関越~東名)は、区内の善福寺全域・西荻北4丁目・久我山4丁目地域に、大深度地下トンネル方式で整備されます。
 この間、工事に伴うトラブルが相次ぎ、工事業者の談合疑惑など、様々な問題が発生しています。近隣住民からの要望や質問に対しても、まともな対応が行なわれていない等、重大な問題を抱えたまま工事が強行されようとしています。
 オープンハウスでは、この間の住民の要望や質問に対し、国・事業者がどのような回答をするのかが注目されます。ぜひ、ご参加ください。

日時:平成29年7月30日(日曜日)午後1時~5時
場所:井荻小学校(杉並区善福寺1丁目10番19号)
申込み:事前申込みは不要です。当日、直接会場へお越しください。
その他:駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

山田耕平 (2017年7月20日 23:10) | コメント(0) | トラックバック(0)
全国初、自治体間連携に基づく特養ホーム整備 杉並区の「南伊豆特養」区民枠受付開始へ
 特養不足解消への期待 一方、家族の絆の喪失も
 「入所を希望しない」が多数 地域包括ケアの趣旨ともズレ
 区民利用枠は約50名 7月24日より受付開始
地震による電気火災を防ぐために 感震ブレーカーの設置を
 電気火災対策には感震ブレーカーが効果的
 ※感震ブレーカーとは
「東京外かく環状道路」オープンハウス開催
小学校の行事は盛り沢山!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース275_01.jpg











週刊山田ニュース275_02.jpg












山田耕平 (2017年7月19日 22:51) | コメント(0) | トラックバック(0)
特養不足解消への期待 一方、家族の絆の喪失も

 杉並区が進める静岡県南伊豆町への特別養護老人ホーム(以下、特養ホーム)が2018年3月に開設されます。
 南伊豆特養ホームは、全国初の区域外特養ホームとなり、用地確保が困難な都市部において特養不足解消への効果が期待される一方、車で片道約4時間程度もかかる遠隔地への特養ホーム整備は〝家族の絆が喪失しかねない〟等の懸念の声も寄せられています。
南伊豆特養ホーム.jpg


南伊豆特養イメージ図


「入所を希望しない」が多数 地域包括ケアの趣旨ともズレ

 杉並区が実施した南伊豆町の特別養護老人ホームへの利用意向調査(詳細右下)では、「入所を希望しない」との回答が63.9%に上っています。入所を希望しない理由については、「今の住居の近くに住みたい」が66.2%。「身内や知人などと会えなくなりそうだから」が62.7%。「入所や面会のために、交通費や宿泊費がかかりそうだから」が58.1%となっています。
 調査結果では、多くの特養ホーム待機者が住み慣れた地域での居住を望んでいることが端的に示されています。
 要介護状態となっても住み慣れた地域での生活を保障する地域包括ケアの趣旨とも異なるものです。

保養地型特別養護老人ホーム入所希望調査アンケート(H25年実施)

 

全体

未回答

すぐに入所できるのであれば入所を希望

101

12.4%

51

12.7%

44

12.9%

6

8.6%

終身入所は希望しないが12年程度であれば入所を検討

13

1.6%

4

1.0%

8

2.3%

1

1.4%

今後、本人の状態や介護者の状況などが変わった場合には入所を検討

158

19.4%

64

15.9%

79

23.2%

15

21.4%

入所を希望しない

520

63.9%

276

68.5%

202

59.2%

42

60.0%

未回答

22

2.7%

8

2.0%

8

2.3%

6

8.6%

合計

814

403

341

70

※入所申込者「優先度A・B」をもとに抽出した区民1,618人が対象

区民利用枠は約50名 7月24日より受付開始

 7月24日から約50床の区民利用枠の受け付けが始まります。区域外特養ホームの入所には、利用者本人と家族の意向に沿った丁寧な対応が求められます。
 用地不足の都市部においては、地域密着型特養ホーム(小規模特養)の整備を推進するなど、住み慣れた地域での暮らしを保障する介護基盤を充実させることが必要です。

山田耕平 (2017年7月18日 23:38) | コメント(0) | トラックバック(0)
最大23万人に被害の恐れも

 公営住宅で使用されていた石綿(アスベスト)により、居住者が健康被害を受けていたことが明らかとなり、不安が広がっています。
 石綿被害の患者団体が公表したのは、石綿が使われた住宅に住み、被害にあった女性(53)の事例です。女性は、1歳から22歳まで県営住宅に住んでいましたが、住宅の天井には吹付石綿が使用されていました。2015年に急に激しい咳に襲われ、石綿特有の胸膜中皮腫と診断。石綿関連疾患は、ばくろから発症までの潜伏期間が非常に長く、20年~40年後に中皮腫など悪性がんになる危険性があります。
 患者団体が公表した調査結果では、32都道府県の公営住宅等、約2万2千戸で石綿が使用されており、最大23万人が石綿にさらされた(ばくろ)おそれがあると推計されています。
アスベスト日曜版.jpg









7月9日付け日曜版に詳細

※中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会等調査資料から杉並区内の公共住宅を抜粋

吹付石綿を使用していた団地

管理者

団地名

対策年度

使用箇所

東京都

井草三丁目アパート12号棟

2006

廊下天井

杉並区

上井草三丁目アパート

2005

住居天井

 

石綿含有ひる石吹付を使用していた団地

管理者

団地名

対策年度

使用箇所

東京都

久我山一丁目アパート212)号棟

2010

住居天井

東京都

阿佐谷北三丁目アパート20号棟

2007

住居天井

東京都

阿佐谷北三丁目アパート25号棟

2007

住居天井

東京都

下井草二丁目第2アパート5号棟

2007

住居天井

 

区内6カ所該当(判明分)全て対策工事は実施済み

 杉並区内では、6ヵ所の公営住宅が該当(判明分・詳細は右下表)しており、いずれも既に石綿対策工事は実施されています。
 しかし、石綿関連疾患は潜伏期間が長いため、石綿対策工事を実施する以前の居住者も含めた対応が必要です。

実態把握と情報開示、補償救済を

 国は、石綿を使用していた公営住宅の実態を調査し、直ちに情報を開示すべきです。さらに、居住歴があるなど、石綿にさらされた可能性のある方への無料の健康診断や専門病院の紹介、補償救済制度の拡充等の対応が必要です。
 石綿被害は被害対象が広範囲にまたがるため、国・都・区の連携した対応が必要です。引き続き、党国会議員団、党東京都議団と共に、対策を求めます。

■都営住宅にお住いの方、以前居住されていた方の問い合わせ先
 JKK東京お客様センター 電話 0570-03-0072
 IP電話やPHSをご利用の方 03-6812-1171
 受付時間 9時~18時(土日・祝日は除く)
■区営住宅にお住いの方、その他、お気軽にお問い合わせください
 杉並区議会議員 山田耕平 090-9973-0941

山田耕平 (2017年7月18日 23:06) | コメント(0) | トラックバック(0)
 息子の小学校や学童のイベントが盛り沢山で、なかなか忙しい日々です。
 先週のニュースで紹介した、おやじの会の「水鉄砲大会」、小学校主催の「お祭り」、学童クラブ保護者の「キャンプ」等々、毎週末、何らかのイベントが行なわれているのは凄いことです。私も、仕事の合間を縫って、いろいろなイベントに参加するようにしているのですが、保護者のみなさんの熱意には、感心します。まさに「子どものためならエンヤコラ」です(笑)。
 私も、この数カ月で新たな出会いが増え、充実した日々を過ごしています。
小学校夏祭り.jpg







小学校の夏祭りのスタッフに。



山田耕平 (2017年7月17日 23:17) | コメント(0) | トラックバック(0)
介護保険制度改悪を強行 各自治体で具体化検討開始

 社会保障予算の「自然増削減」をかかげる安倍政権のもと、介護保険制度の連続改悪が強行されています。閉会となった通常国会では、保険料3割負担の導入、介護認定率の抑制、介護費用の抑制等の重大な法改悪が行なわれました。今後、各自治体では介護保険制度改悪が具体化されることとなり、介護現場には重大な影響を与えることになります。
 杉並区でも第7期(H30~32年度)杉並区介護保険事業計画の検討作業が開始され、杉並区介護保険運営協議会への報告、意見聴取が始まりました。

※計画決定までのスケジュール
H29年 6月~10月 介護保険運営協議会
    11月     区議会報告
   12月     パブリックコメント
H30年 1月      介護保険運営協議会
    2月      区議会報告
    3月      介護保険運営協議会 公表

全自治体をまき込んだ給付削減競争を導入

 今回の法改悪の特徴は、自治体間の要介護認定率、介護予防、ケアマネジメント等の違いを国が「見える化」し、要介護認定率を低下させるなど、給付抑制の〝努力〟をした自治体に優先的に予算を配分していくものです。
 本来、介護予防や健康づくりにより、状態改善が進み、要介護認定率が下がることは重要です。
 しかし、モデルケースとなった自治体では、本人が希望しないサービスの打ち切り、そもそも認定を受けさせない「門前払い」、強引なサービス縮小などが大きな問題となっています。
 既に、この間の制度改悪では要支援1・2の介護サービスが保険給付から外されるなどの改悪が推進されています。
 今後、予算確保のために自治体間の〝サービス受給者減らし・介護給付費削減競争″が激化することが懸念されます。

「21世紀・老人福祉の向上をめざす施設連絡会」アンケート調査より現場の声
※全国老人ホーム施設長を対象に1900通を超える回答
特養ホーム調査.jpg




悪政からの防波堤の役割を

 自治体は、悪政からの防波堤となり、サービス取り上げ中止、保険給付の拡充、介護報酬の増額等を国に求めるべきであり、自治体独自に住民の負担軽減策に取り組むべきです。

山田耕平 (2017年7月14日 22:32) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区介護保険運営協議会 第7期介護保険事業計画の検討始まる 介護保険制度改悪に歯止めを!
 介護保険制度改悪を強行 各自治体で具体化検討開始
 全自治体をまき込んだ給付削減競争を導入
 悪政からの防波堤の役割を
九州大水害 救援募金にご協力ください!
おやじ力で一夜城を築城!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース274_01.jpg











週刊山田ニュース274_02.jpg












山田耕平 (2017年7月13日 21:56) | コメント(0) | トラックバック(0)
電気火災対策には感震ブレーカーが効果的

 震災時の電気火災を予防するため、感震ブレーカーの設置が進められています。大規模地震時に発生した火災の6割以上が電気火災であり、党区議団は再三に亘り、感震ブレーカーの設置支援を求めてきましたが、この間、区の支援が実現。特定地域(左記)を対象に簡易型感震ブレーカーの設置支援が行なわれています。また、災害時に地域の助けを必要とする方がいる特例世帯(左記)は設置費用も区が負担しています。対象世帯の方は、積極的な設置をご検討ください。

※感震ブレーカーとは
 震度5強以上の揺れを感知すると自動的にブレーカーを落として、電気を止める装置。
ブレーカー感震.jpg






■対象世帯
・特定地域に居住または家屋を有する方
方南1丁目、阿佐谷北1~6丁目、阿佐谷南1~2丁目、天沼1丁目、高円寺北2~4丁目、高円寺南2~4丁目、本天沼1丁目」
・災害時に地域の助けを必要とする方
①65歳以上のみの世帯
②「身体障害者手帳」「愛の手帳」「精神障害者保健福祉手帳」をお持ちの方がいる世帯
③「難病患者福祉手当」を受けている方がいる世帯
④上記に該当せず、地域のたすけあいネットワーク「地域の手」登録者のいる世帯

■事業内容
 対象世帯に対し、感震ブレーカー先着3,000個を設置支援します。感震ブレーカーの購入にかかる費用は杉並区が負担します。
※特定地域の対象世帯は設置費用として一律2,000円を自己負担で設置業者に直接お支払いいただきます。
※災害時に地域の助けを必要とする方は、設置費用を杉並区が負担します。
 申請および審査後、協定を締結している小規模建設事業団体連絡会の事業者が訪問し、簡易型感震ブレーカー「1台」を分電盤に設置します。

■問い合わせ
 危機管理室防災課 電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-9402

山田耕平 (2017年7月11日 23:26) | コメント(0) | トラックバック(0)
 九州地方を襲った集中豪雨による大水害の犠牲者に哀悼を捧げ、被災者にお見舞いを申し上げます。
 日本共産党は対策本部を立ち上げ(本部長は小池晃書記局長・参議院議員)、現地に国会議員を派遣し、地元党組織・議員と協力して被災者支援に全力をあげています。全国でも救援募金を呼びかけています。
 救援募金に、みなさんのご協力を心からお願い致します。

募金の受付先は

郵便振替
00170-9-140321
日本共産党災害募金係
※必ず「九州水害募金」とご記入ください。

九州大水害募金.jpg





杉並区でも取り組んでいます。


山田耕平 (2017年7月10日 22:29) | コメント(0) | トラックバック(0)
掲げた公約の実現に向け全力! 原田あきら当選 共産党19議席に躍進
 大激戦・大接戦の選挙戦 押し上げて頂きました
 政治の私物化を厳しく正し、暮らし福祉優先の都政に
2017年東京都議会議員選挙の結果
逆境(本厄!?)を乗り越えての勝利!(今週の一コマ)
区営住宅等の募集について

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース273_01.jpg











週刊山田ニュース273_02.jpg












山田耕平 (2017年7月 8日 23:29) | コメント(0) | トラックバック(0)
 息子が小学校に入学し、小学校の「おやじの会」に入りました。この会は、実にユニークな活動をしており、学校での夜間宿泊訓練を兼ねた「まっくらくらす」(これまでは消防団員として参加)や水鉄砲大会等々、おやじ力を結集して子どもたちのためのイベントに取り組みます。いつも飲んでいますが(苦笑)。
 今回は、水鉄砲大会に合わせて、ナント、一夜城を段ボールで築城。凄まじい発想(笑)。
 水鉄砲大会では、おやじ達が城に立て篭もり、子ども達と対戦しましたが、最後は、あえなく落城...。子ども達は人生初の城攻めに大喜びでした。
おやじの会一夜城.jpg






突如、出現した一夜城。



山田耕平 (2017年7月 6日 22:20) | コメント(0) | トラックバック(0)
東京都議会議員選挙 杉並選挙区の結果

 

候補者名

党派名

 

得票

得票率

鳥居宏右

都民

39893

16.70%

茜ヶ久保嘉代子

都民

36145

15.13%

原田あきら

共産

31292

13.09%

松葉多美子

公明

29144

12.20%

早坂義弘

自民

28112

11.76%

小宮安里

自民

24632

10.31%

 

小松久子

ネット

16277

6.81%

 

田中朝子

民進

15887

6.65%

 

西村正美

民進

8220

3.44%

 

高橋尚吾

4466

1.86%

 

北島邦彦

都革

2496

1.04%

 

菅沢治希

ゼロ

2315

0.96%

 

合計

 

 

238879

100.0%


都議会議員選挙 党派別当選者数

党派名

合計

候補者数

改選時

前回

当選

共産党

19

37

17

17

自民党

23

60

57

59

公明党

23

23

22

23

民進党

23

15

都民ファ

49

50

ネット

維新

社民党

その他

17

無所属

40

13

127

259

126

127


2013年都議会議員選挙 開票結果

 

候補者名

党派名

 

得票

得票率

早坂義弘

自民

35259

18.37%

小宮安理

自民

29630

15.43%

吉田信夫

共産

24565

12.80%

松葉多美子

公明

22766

11.86%

田中朝子

みんな

18089

9.42%

小松久子

ネット

18018

9.38%

 

門脇ふみよし

民主

16994

8.85%

 

荒木田聡

維新

9805

5.10%

 

花形あきとし

民主

8543

4.45%

 

小沢ゆう

維新

8243

4.29%

 

合計

 

 

191912

100.0%


2017年都議選 投票状況(杉並)

 

当日

有権者数

投票

者数

投票率

223982

115656

51.64%

248085

127073

51.22%

472067

242729

51.42%


杉並選挙区投票状況の詳細

得票合計

無効票

内、白票

投票者総数

238879

3846

2589

242729

棄権者数

 

229338

108326

121012

 


2017年都議選 投票状況(東京)

 

当日

有権者数

投票

者数

投票率

5422419

2766349

51.02%

5658738

2915515

51.52%

11081157

5681864

51.28%


2013年都議選 投票状況(杉並)

 

当日

有権者数

投票

者数

投票率

215424

92886

42.94%

237423

101958

43.03%

452847

194844

43.12%


山田耕平 (2017年7月 5日 22:27) | コメント(0) | トラックバック(0)
 今回の都議選は、想定外のアクシデントも多く、特に候補者カーの故障は深刻な事態となりました。
 原田あきら候補者本人が選挙期間中の6月24日に誕生日を迎え(42歳・本厄)、誕生日当日は志位委員長を呼んでの荻窪駅前街頭演説と重なっていたため、演説では「厄年である」こと等を話していましたが、どうも冗談では済まなかったようです...。
 翌日の宣伝中「ボフンッ」という音と共に、候補者カーの車両下部から「シューシュー」と大量の水蒸気が発生...。選挙戦が始まる前に入念な点検と整備を実施していたのにも関わらず、ラジエーターが故障しました。急ピッチで修理をしましたが、その後も車内の異常発熱等により、急遽、代車での対応に変更せざるを得ない事態となりました。
 今回の選挙は、本厄の候補者の度重なる不運・アクシデントを乗り越えての勝利でした(苦笑)。
2017都議選4.jpg


選挙戦真っ只中、修理のためにレッカー移動されていく原田あきら候補者カー。


山田耕平 (2017年7月 4日 23:08) | コメント(0) | トラックバック(0)
大激戦・大接戦の選挙戦 押し上げて頂きました

 7月2日(日)に行なわれた東京都議会議員選挙では、杉並選挙区から立候補した日本共産党の原田あきらは31292票を得票し、当選を果たすことができました。
2017都議選3.jpg



原田あきら都議会議員と杉並区議団

 東京全体でも、日本共産党は四年前の8議席から17議席への躍進に引き続き、さらに2議席を増やし、19議席となりました。
 日本共産党をご支援頂いた全てのみなさんに心から感謝を申し上げます。
 選挙戦で、日本共産党は①安倍政権の国政私物化と憲法壊しに厳しい審判を下す②築地市場の豊洲移転を中止し、築地ブランドを守る③大型開発等の税金無駄遣いを止め、暮らし・福祉中心の都政をつくる、ことを訴えました。
 街頭では多くの方から「安倍政権は酷い、懲らしめた方がいい」「都議会を厳しくチェックしてほしい」「暮らしが大変、保険料下げてほしい」等々の切実な声が寄せられました。
2017都議選1.jpg



荻窪駅頭での街頭演説


2017都議選2.jpg



荻窪駅北口では、多くの方が足を止めた


政治の私物化を厳しく正し、暮らし福祉優先の都政に

 日本共産党は、躍進した党都議団の役割を発揮し、選挙戦で掲げた公約の実現に全力で取り組みます。
 今後、首都・東京での野党共闘の発展と来る解散・総選挙における勝利のために全力をあげる決意です。
 引き続き、みなさんと力を合わせて頑張ります。

山田耕平