HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2015年5月アーカイブ

山田耕平 (2015年5月29日 21:08) | コメント(0) | トラックバック(0)
さらなる認可保育所の増設が急務 1600名以上が入園出来ず...

 2015年4月1日時点の「保育所入所待機児童数(杉並区定義)が明らかとなりました。
 前年度と比較して、若干状況は改善されていますが、依然として、待機児童を解消することは出来ませんでした。
 一方、認可保育所については一六〇〇名以上の児童が入園出来ない事態となっています。本来は認可保育所に入園を申請した全ての児童が認可保育所に入園出来るよう保障するべきです。さらなる認可保育所の整備は急務です。

表1 認可保育所等の入所申込状況(2015年3月27日時点)

区 分

人 数

認可保育所の入所申込者数

3,634

申込取り下げ・辞退者数

153

認可保育所への内定者数

1,944

認可外保育施設への入所内定者数等

1,479

※認可保育所への入所を申し込んだ人数「3,634人」の内、認可保育所へ入所できる人数は「1,944人」となる。多くの保護者は「保育の質」が確保されている認可保育所への入所を求めている。

表2 2015年4月の杉並区 保育所入所待機児童数(区定義)
MX-2640FN_20150528_122237_01.jpg





今回、2015年4月1日時点では、2~5歳児の待機児童を解消することができました。
しかし、0・1歳児については、杉並区基準で42人(昨年116人)の待機児童数となり、解消は出来ませんでした。
今後、10カ所の保育所の新設をはじめ、既存園の保育定員の見直しや弾力化、新設園の4・5歳児の空き状況を活用した乳児の受け入れを行なうなど様々な手段を講じ、待機児童の解消に向けた取り組みが行なわれる予定です。


待機児童数定義の問題点について

■国と杉並の「定義」の違い
 国・杉並区の待機児童定義は認可保育所に入園を申請した児童の内、認可外保育所に入所している児童を除いた数を待機児童数としています。杉並区の場合、国の定義に対して「より実態に応じた待機児童数」としています(表2参照)。国は、この間、待機児童定義のさらなる改悪を行なっています。

■認可保育所へ入園出来ない児童にすべき
 本来、待機児童数の定義は認可保育所に入園出来ない児童とするべきです。国は2001年に待機児童数定義を大改悪し、認可外保育所に入所している場合は待機児童と把握しないこととなりました。しかし、大多数の保護者は安心して子ども預けられる認可保育所への入園を求めています。

山田耕平 (2015年5月26日 22:54) | コメント(0) | トラックバック(0)
一点共闘を重視した議会活動へ

 4月末の区議会議員選挙で新たな議員の選出が行なわれ、当選した議員による会派申請が行なわれました。
 日本共産党は日本共産党公認で立候補・当選した6名の議員で例年通り「日本共産党杉並区議団」を結成しました。
 今回の会派構成で特徴的な点は、前山田区長との関係性が深い「次世代」議員と「維新」議員、「自民」一部議員が六名会派を結成、極めて右翼的な思想を持つ会派が成立したことです。
 一方、「生活者ネット」「社民」「無所属」の議員が、平和という一致点で6名の会派を結成しています。区立施設再編整備計画等の重要問題で会派内での賛否が分かれているなどの点がありますが、安倍政権が進める戦争する国づくりをストップさせるために一致点での共闘を重視します。党区議団は区民福祉を守る姿勢を堅持して、議会活動に取り組んでいきます。

■杉並区議会 会派別議員氏名一覧(2015年5月現在)

日本共産党杉並区議団【共産】 6名
◎原田 あきら     (共産)
〇山田 耕平      (共産)
△上保 まさたけ   (共産)
  金子 けんたろう (共産)
  くすやま 美紀   (共産)
  富田 たく       (共産)

杉並区議会自由民主党【自民】 12名
◎井口 かづ子   (自民)
〇脇坂 たつや   (自民)
◇大和田 伸    (自民)
△今井 ひろし     (自民)
  浅井 くにお     (自民)
  井原 太一     (自民)
  大泉 やすまさ  (自民)
  大熊 昌巳  (自民)
   小泉 やすお  (自民)
  富本 卓          (自民)
  はなし 俊郎  (自民)
  吉田 あい  (自民)

杉並区議会公明党【公明】 8名
◎渡辺 富士雄  (公明)
〇川原口 宏之  (公明)
◇島田 敏光    (公明)
△山本 ひろこ   (公明)
   大槻 城一    (公明)
   北 明範      (公明)
   中村 康弘    (公明)
  横山 えみ    (公明)


区民フォーラムみらい【未来】 6名
◎増田 裕一    (民主)
〇安斉 あきら    (無所属)
△山本 あけみ  (民主)
  上野 エリカ     (無所属)
  太田 哲二    (民主)
  河津 利恵子  (民主)

※民主党は無所属議員2名と6人会派を結成しました。選挙期間中に「政務活動費をゼロにする」と公約に掲げた議員(上野エリカ議員※詳細は選挙公報参照)も参加しており、会派や議員の対応が注目されます。

自民・無所属・維新クラブ【自無】 6名
◎佐々木 浩    (次世代)
〇岩田 いくま   (無所属)
◇藤本 なおや   (自民)
△松浦 芳子    (次世代)
   木村 ようこ    (維新)
   小林 ゆみ    (次世代)

いのち・平和クラブ【平和】 6名
◎そね 文子    (ネット)
〇市来 とも子   (社民)
◇けしば 誠一   (無所属)
△新城 せつこ   (無所属)
   奥田 雅子    (ネット)
  川野 たかあき (無所属)

杉並わくわく会議【杉わ】 1名
松尾 ゆり  (無所属)

共に生きる杉並【共生】 1名
木梨 もりよし(無所属)

美しい杉並【美杉】 1名
田中 ゆうたろう(無所属)

無所属【無】 1名
堀部 やすし (無所属)

※【】内は会派略称、()内は所属、公認、推薦などの会派。◎幹事長 〇副幹事長 ◇幹事 △経理責任者。


山田耕平 (2015年5月25日 16:40) | コメント(0) | トラックバック(0)
安倍政権が戦争法案を提出 「戦争法案」反対の一点で共同を!
 戦後最悪の憲法破壊...戦争法案の3つの大問題
 ※戦争法案の3つの大問題とは?
  1、戦地派兵 「殺し、殺される」戦闘に
  2、PKO法改定 戦乱地域で治安維持活動
  3、侵略参加 米国の無法な戦争に参戦
 思想信条の違いを超え、平和を守る共同を

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース194_01.jpg












山田耕平 (2015年5月23日 23:37) | コメント(0) | トラックバック(0)
署名にご協力ください!
お寄せ頂いた署名は責任をもって請願先に提出します。


山田耕平 (2015年5月22日 22:17) | コメント(0) | トラックバック(0)
戦後最悪の憲法破壊...戦争法案の3つの大問題

 5月14日、自民党・公明党は、日本が米軍のあらゆる戦争を支援する「戦争立法(11の法案)」を国会に提出しました。安倍内閣は「平和と安全」のためと強弁しますが、戦争法案には重大な問題があり、戦後最悪の暴挙です。
 各マスコミの世論調査でも戦争法案に「反対」が「賛成」を上回り、地方紙の社説・論説等も一斉に批判の論陣をはっています。
 国民の過半数が今国会での成立に反対しているのにも関わらず、戦争法案を強行することは許されません。
戦争立法についての各紙報道.jpg









自民・公明両党が戦争立法の骨格合意をした3月20日前後の地方紙の報道

※戦争法案の3つの大問題とは?

1、戦地派兵 「殺し、殺される」戦闘に

 アメリカが世界中の戦争に乗り出した際、自衛隊が「戦闘地域」まで行って軍事支援を行なうようになる。「戦地」に自衛隊を派兵し「殺し、殺される」戦闘を行なうことになる。

2、PKO法改定 戦乱地域で治安維持活動

 形式上「停戦合意」がつくられているが、なお戦乱が続いているような地域に自衛隊を派兵し治安維持活動などに取り組めるようにする。3500人もの戦死者を出したアフガニスタンのISAF(国際治安支援部隊)などへの参加の道が開かれる。

3、侵略参加 米国の無法な戦争に参戦

 日本がどこからも攻撃されていなくても、集団的自衛権を発動し、米国の海外での戦争に、自衛隊が参戦し、武力行使に乗り出すことになる。
国際法上は違法な「先制攻撃」の戦争にも参加することになる。


思想信条の違いを超え、平和を守る共同を

 「戦争しない国」から「戦争する国」への大転換を、国民的な議論も尽くさず、憲法も無視したまま進めることは日本の立憲主義の否定です。
 今回の暴挙は、戦後最悪の憲法破壊の企てです。いまこそ「戦争法案」反対の一点で、思想・信条の違いを超えて、すべての個人・団体・政党が力を合わせましょう。日本共産党も全力で頑張ります。

山田耕平 (2015年5月13日 21:35) | コメント(0) | トラックバック(0)
外環の2地上部街路一部区間の廃止に関する都市計画提案 住民の願意に沿うよう要請 区意見の修正へ
 区の都市計画審議会で徹底論戦 住民の願意は「全線の廃止」
 ※都市計画審議会に示された回答文
 都は一部区間のみ先行事業化...
外環の2地上部街路 改選後の議員の賛否 「外環道検討委員会・杉並」住民アンケートにより明らかに
 ※アンケート結果の分析
育メン復活宣言!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース193_01.jpg











週刊山田ニュース193_02.jpg












山田耕平 (2015年5月13日 15:31) | コメント(0) | トラックバック(0)
 今だから告白しますが、選挙のトタバタのなか「育メン」とは名ばかり...、家事全般及び保育園への送迎などはほとんど出来ませんでした、トホホ(苦笑)。
 「全然、育メンじゃないよね」などと妻に言われてしまいました(ガ~ン)。
 そのため、選挙が終わったら、直ちに育メンに復活しようと心に決めていました。最近は夕食の準備や保育園への迎えは私の仕事です。徐々にペースを元に戻していきたいと思います。
うさぎとの遭遇.jpg





家族サービスも復活。ウサギに号泣する娘...。



山田耕平 (2015年5月12日 21:22) | コメント(0) | トラックバック(0)
 区議会議員選挙立候補者への住民アンケートにより、外環の2地上部街路計画への各議員の姿勢が明らかとなりました。一部を紹介します。党派の違いを超えて「反対」の立場の議員が多いことが特徴的です。

候補者氏名

党派

外環の2への賛否

候補者氏名

党派

外環の2への賛否

 

大和田 伸

自民

該当なし

川原口 ひろゆき

公明

保留

 

脇坂 たつや

自民

該当なし

とみもと 卓

自民

反対

 

原田 あきら

共産党

反対

おおつき 城一

公明

無回答

 

そね 文子

ネット

反対

井口 かづ子

自民

保留

 

堀部 やすし

無所属

※1

大熊 昌巳

自民

該当なし

 

くすやま 美紀

共産党

反対

井原 太一

自民

無回答

 

富田 たく

共産党

反対

今井 ひろし

自民

該当なし

 

小林 ゆみ

無所属

無回答

岩田 いくま

無所属

未回答※2

 

市来 とも子

社民

無回答

中村 やすひろ

公明

反対

 

山田 耕平

共産党

反対

佐々木 浩

無所属

無回答

 

けしば 誠一

無所属

反対

渡辺 ふじお

公明

無回答

 

木梨 もりよし

無所属

無回答

松浦 芳子

無所属

反対

 

浅井 くにお

自民

該当なし

山本 ひろこ

公明

無回答

 

奥田 雅子

ネット

反対

大泉 やすまさ

自民

無回答

 

新城 せつこ

無所属

反対

北 あきのり

公明

反対

 

横山 えみ

公明

無回答

木村 ようこ

維新

無回答

 

太田 哲二

民主

保留

増田 裕一

民主

無回答

 

上保 まさたけ

共産党

反対

小泉 やすお

自民

該当なし

 

松尾 ゆり

無所属

反対

川野 たかあき

無所属

反対

 

金子 けんたろう

共産

反対

田中 ゆうたろう

無所属

無回答

 

藤本 なおや

自民

無回答

はなし 俊郎

自民

該当なし

 

吉田 あい

自民

該当なし

安斉 あきら

無所属

無回答

 

島田 としみつ

公明

無回答

上野 エリカ

無所属

無回答

 

山本 あけみ

民主

保留

河津 りえ子

民主

無回答

 

















設問は、「賛成」「反対」「保留」の選択肢より回答。
当選者のみを抽出(候補者の順番は当選順)。
●賛成    0名
●反対   16名
●保留    4名
●該当なし  8名 該当なしの回答は「大変困難と認識」。
○無回答  18名
※1住所非公開のためアンケート送付されず。
※2選択肢なので意図せざる結果を招きかねないから。

※アンケート結果の分析
 杉並区議会議員定数48名の内、回答者は29名、1名はアンケート送付せず、18名は無回答という結果です。
 ・賛成者が0名である一方、反対は16名、大変困難の8名を合わせれば24名となり、議員定数の半数となります。反対者は政党の違いを超えており、自民、公明の一部の議員が反対の姿勢を示していることは重要です。
 ・無回答の18名については、住民の代表として議席を預かる立場として「アンケートに回答もしない」という対応は、議員の姿勢が厳しくが問われることです。

山田耕平 (2015年5月 8日 21:05) | コメント(0) | トラックバック(0)
日本共産党6人全員当選 山田耕平は3766票の得票・10位で当選 新たなスタートライン 全力で挑戦!
 みなさんから寄せられた願い 応えるために全力で頑張ります
2015年 杉並区議会議員選挙 開票結果

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース192_01.jpg











週刊山田ニュース192_02.jpg












山田耕平 (2015年5月 1日 21:15) | コメント(0) | トラックバック(0)
区の都市計画審議会で徹底論戦 住民の願意は「全線の廃止」

 4月30日(木)、杉並区都市計画審議会が開かれ「外環の2」一部区間廃止の都市計画提案について審議が行なわれました。改選直後ですが、党区議団も審議会委員として参加しました。
 この間、杉並区善福寺の住民が東京都に対し「外環の2」の杉並区内一部区間を廃止する都市計画提案を行ない、東京都が正式に受理していました(週刊ニュース180号・186号に詳細)。
 その後、都はこの提案を採用しない(却下する)方針を示し、杉並区としての意見を求められていました。区は都に報告する際、区の都市計画審議会に意見を求め都に回答することとなっており、今回の議題として審議されました。
週刊ニュース180号外環の都市計画提案.jpg






週刊ニュース180号より
外環の2に対して、地権者の80%近くが「廃止に賛同する」という重大な民意が示された。


※都市計画審議会に示された回答文

○都の判断に対する区の意見
 区は「外環の2」については、その必要性を含めゼロベースで検討すべきとし、都には広く意見を聴きながら検討を進めることを求めてきた。
現在、「話し合いの会」等にて、沿線住民の意見を伺っている段階であることから、一部区間のあり方ではなく、外環の2全線の議論を注視すべきと考える。

 下線部分について、住民の願意を踏まえ、「一部区間のみ」と捉えるべきではないという意見にまとまった。

 区の回答は、これまでの通り「必要性の有無からゼロベースで検討」との姿勢を示す一方、住民の廃止提案を「一部区間のあり方」として捉えるものとなっていました。
 しかし、住民の提案の願意は「全線の廃止を求める」ものであり、提案住民からの説明や議会質疑でも明らかとなっています。この間、区も住民の願意は「全線の廃止」にあることを認めている状況です。
 審議会で党区議団は「提案者が一部区間のみを問題にしているのではなく、外環の2全線の廃止を求めている」ことを徹底的に主張。区の回答文の文言を修正するよう求め、審議会もこの方向で議論がまとまりました。
 今後、区は審議会の意見を踏まえ、都への回答を行なうことになります。

都は一部区間のみ先行事業化...

 現在、各地域で「外環の2」に関する「話し合いの会」が開催されています。そうした中で、東京都は外環の2の一部区間のみを先行事業化しています。住民の提案は〝一部区間のみ″として却下ながら、都は一部区間を事業化し〝既成事実〟とすることは重大な問題です。

山田耕平