HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2016年4月アーカイブ

山田耕平 (2016年4月18日 22:43) | コメント(0) | トラックバック(0)
自由と平和のための4・15杉並集会 進め野党共闘!超党派+市民集会開催
 セシオン杉並に400名以上 広範な市民と超党派区議が共同
 参院東京選挙区3名の候補も共闘を訴え
九州地方地震 被災者救援・支援募金 みなさまのご協力をお願い致します
消防団訓練時に震災が発生(今週の一コマ)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース232_01.jpg












山田耕平 (2016年4月17日 22:31) | コメント(0) | トラックバック(0)
セシオン杉並に400名以上 広範な市民と超党派区議が共同

 4月15日、セシオン杉並にて「自由と平和のための4・15杉並集会」が開催されました。
 集会は「①安保法制を廃止し立憲主義を取り戻す」「②安倍政権を追い込み、暴走を止める」の2点を目的に区内の広範な市民と超党派区議会議員が立ち上げた「自由と平和のために行動する議員と市民の会@杉並」が企画しました。
 法政大学法学部教授の山口二郎さんが「立憲主義を取り戻そう!安保法制廃止を」との表題で基調講演を行ないました。
DSC07828 - コピー.JPG




杉並区議会からも16名の超党派区議が参加

参院東京選挙区3名の候補も共闘を訴え

 集会では、参院選東京選挙区で立候補予定の3名(民進党・小川敏夫氏、社民党・増山れな氏、共産党・山添拓氏)もステージに上がり、決意表明と共に野党共闘をアピールしました。
 共産党の山添拓予定候補は「野党の予定候補が並ぶのは初めて、この場を作って頂き感謝します」と述べつつ、安倍政権の暴走政治ストップに向けた決意を表明しました。
 今後、衆院選での杉並統一候補の擁立に向けた取り組みが行なわれます。
IMG_1816 - コピー.JPG



野党3名の予定候補が並んで決意表明



山田耕平 (2016年4月16日 22:00) | コメント(0) | トラックバック(0)
 14日、九州地方地震が発生した時間は、消防団の操法大会に向けた夜間訓練の真っ最中でした。
 団員一同、大規模震災等の災害時に備えた準備の必要性を痛感することになりました。地域の防災力向上に全力を尽くします。
13007126_1078241455565912_8993267194570820990_n.jpg





被災地救援のためにも、出来うる限りの支援を行ないます。



山田耕平 (2016年4月16日 21:35) | コメント(0) | トラックバック(0)
 4月14日から発生している九州での連続大地震について、日本共産党は地震災害対策本部を立ち上げ救援活動を行なっています。
 杉並区内でも発災翌日から支援募金活動を開始しています。
 みなさまのご協力をお願い致します。
201604_9syu_bokin_01.jpg











日本共産党中央委員会に郵便振替で送金される場合
【口座番号】00170-9-140321
【加入者】日本共産党災害募金係

山田耕平 (2016年4月15日 22:25) | コメント(0) | トラックバック(0)
戦争法の廃止を求める統一署名 いよいよラストスパート 署名集めに全力
 締め切りは4月28日です さらなるご協力をお願いします
日本共産党杉並区議団 幹事長に就任しました
18年振り バス3台126名の参加 日本共産党杉並後援会バス旅行大盛況!
 強く大きな後援会活動へ
松本善明さんの後援会旅行のように(今週の一コマ)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース231_01.jpg











週刊山田ニュース231_02.jpg












山田耕平 (2016年4月14日 12:21) | コメント(0) | トラックバック(0)
 かつて杉並では、周辺区と共同で松本善明さん(元衆議院議員)との後援会旅行を活発に行なっていました。私も子どもの頃に参加した記憶があり、楽しい旅行であったことを覚えています。
 今回のバス旅行を企画する段階で、当時の"楽しく""活発な"後援会活動を目指して取り組みを進めたいと考えていました。今回、多くのみなさんのご協力により、バス旅行は大成功を収めましたが、今後も引き続き、魅力的な取り組みを行なっていきたいと考えています。みなさんのご協力をよろしくお願い致します。
 それにしても、今の子どもたちは、この旅行をどのように感じたのか、今から楽しみです。
後援会バス旅行6.jpg




子どもたちは、帰ってからも旅行の話題で持ちきりでした。


山田耕平 (2016年4月13日 22:11) | コメント(0) | トラックバック(0)
 2016年度4月12日より、日本共産党杉並区議団の幹事長に就任しました。
 議会では、所属する政党が同じであったり、同じ意見や考え方を持つ議員が集まり会派を構成しています。
 幹事長は各会派の代表として議会運営等に関する会派間の交渉、調整等の実務上の責任を負う役職です。
 責任の重い役職に身が引き締まる思いです。全力で頑張ります!

杉並区議団の新たな体制
■くすやま美紀  (団長)
■山田耕平   (幹事長)
■金子けんたろう(副幹事長)
■上保まさたけ (経理責任者)

山田耕平 (2016年4月12日 22:13) | コメント(0) | トラックバック(0)
強く大きな後援会活動へ

 4月10・11日、杉並後援会のバス旅行が行なわれました。子どもから年配の方まで126名・バス3台で参加しました。杉並区全体でのバス旅行は実に18年振りで、新生議員団で初めての取り組みとなりました。
 10日は、三島大社、ワイナリー、夜は参議院選挙勝利に向けた決起集会と宴会、翌11日は大室山、熱海梅園見学、お土産など盛り沢山でした。
 議員地域を超えた親睦が深まり、多くの参加者から「楽しかった」「また企画してほしい」という感想が寄せられています。強く大きな共産党後援会活動を目指して、今後も魅力的な企画に取り組みます。
後援会バス旅行1.jpg


バス1号車のみなさんで記念撮影(ワイナリーにて)。


後援会バス旅行2.jpg

3台のバスを運行、次回以降はさらに台数を増やすことを検討中。


後援会バス旅行3.jpg


夜の宴会も大盛況、美味しい食事に舌づつみを打つ。


後援会バス旅行4.jpg


区議団の寸劇「少年探偵団」も大好評!
田中区長の暴政を追求する区議団の日頃の活動をユーモアたっぷりに演出。爆笑と拍手の渦が巻き起こる。


後援会バス旅行5.jpg



子育て世代の参加も多く、世代を超えた交流の機会に。私も家族で参加。


企画にご協力頂いたみなさん ありがとうございました!







山田耕平 (2016年4月11日 21:04) | コメント(0) | トラックバック(0)
これまでの署名へのご協力ありがとうございました!

さらなるご協力をお願いします

 戦争法の廃止を求めて、日本全国で「戦争法の廃止を求める統一署名」が実施されています。
 団体、個人、政党が立場の違いを乗り越えて、安倍政権が進める「戦争する国づくり」をストップさせるために取り組まれている署名です。
 5月3日の憲法記念日までに2000万筆を集めることを目標に取り組みが進められており、広範な国民から切実な声が寄せられています。
 署名の達成期日まで一カ月を切り(署名の集約は4月28日)、いよいよラストスパートとなりました。
 これまでの大勢のみなさまのご協力に感謝すると共に、引き続き、署名へのご協力をお願い致します。
統一署名簿.jpg








署名は日本共産党や各団体のホームページやからダウンロードできます。日本共産党はコチラ


署名に関するお問い合わせは左記連絡先まで、お気軽にご連絡ください。なお、ご連絡を頂ければ署名を取りに伺います。

連絡先:山田耕平 090‐9973‐0941
住所:杉並区善福寺2‐2‐11

山田耕平 (2016年4月 9日 23:50) | コメント(0) | トラックバック(0)
屋上校庭に開閉式屋根!?震災時の避難場所は?杉一小複合化計画に問題山積...莫大な税金投入も
 大規模な空地が喪失...前例のない屋上校庭案も
 開閉式の屋根に5億円
 拙速な進め方は重大な問題
杉一小改築・複合化計画 近隣住民や保護者から不安の声が相次ぐ
 住民合意の無い計画の強行は問題
 けやきプール・公園も仮設校舎用地に転用
待機児童問題で相次ぐ暴言 杉並区議会議員と元区長
 心無いバッシング...政治の責任が問われる
背負子型のザックをゲット!体を鍛え直します(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース230_01.jpg











週刊山田ニュース230_02.jpg












山田耕平 (2016年4月 8日 21:44) | コメント(0) | トラックバック(0)
住民合意の無い計画の強行は問題

 杉一小の改築・複合化計画には、この間の住民説明会でも近隣住民から多くの不安の声が寄せられています。
 「なぜ、3つの施設を一緒にする必要があるのか」「高層化した校舎、または校庭のない校舎で防災は大丈夫なのか」「園庭のない保育園に預けていて、小学校入学でやっと校庭があると考えていたら仮設校舎生活...。他の学校に行かせることはできないのか」など、疑問や不安の声が噴出しました。
現行の杉一小.jpg



改築・複合化が計画されている杉並第一小学校


けやきプール・公園も仮設校舎用地に転用

 計画では、改築期間の仮設校舎用地として、長年、区民に親しまれてきた阿佐谷北1丁目のけやきプール・けやき公園の用地が示されました。
 一方、改築後に同プール・公園が同じ場所で整備されるかは明らかとなっていません。
 「近隣の保育園などは、夏にプールを使っている。そうした施設への代替案はないのか」などの声も出されていますが、区からは明確な答弁もなく、改築期間中の様々な影響や対応も懸念されています。
 近隣住民からの不安の声に応えないまま、住民合意もなく計画を強行することは許されません。
けやき公園.jpg


けやき公園

けやき公園プール.jpg



仮設校舎用地に転用されるけやきプール


山田耕平 (2016年4月 7日 22:39) | コメント(0) | トラックバック(0)
大規模な空地が喪失...前例のない屋上校庭案も

 杉一小に産業商工会館と阿佐谷地域区民センターを統廃合する改築・複合化計画を巡り、様々な問題が噴出しています。
 この間、区は校庭を複合校舎の屋上に設置する案を採用しようとしています。杉一小用地の大部分に複数の施設を統合し校庭部分を屋上に設置するというものです(下記、計画案)。
 屋上校庭には多くの不安要素があります。大幅に高さを制限されるため、児童が球技でボールを高く上げることが困難となり、サッカーや野球などの球技は大きな影響を受けることになります。
 安全管理上も様々な課題があります。ボールなどの落下による人身事故や校庭が隔離されるため教職員による児童の安全管理が困難となります。行事の際には、屋上に多数の人が集中することになるため緊急時への対応が求められます。
 防災の観点では、校庭の空地(2000㎡超)が喪失するため、大規模災害時の一時避難所としての機能や震災救援所としての役割が失われます。
屋上校庭案.jpg








杉並第一小学校等複合施設整備に係る検討経過~中間のまとめ~で示された配置計画案


開閉式の屋根に5億円

 屋上校庭に開閉式屋根を設置する検討も進められており、他自治体の視察(昌平小等)も行われています。
 屋上校庭への開閉式屋根の設置は、莫大な経費がかかり、施工費用だけで5億円程度、維持管理経費も含めて莫大な税金が投入されることも懸念されます。
屋上校庭.jpg




株式会社横川システム建築HP施工実績「昌平童夢館屋上校庭開閉式ドーム」より

拙速な進め方は重大な問題

 区は一連の問題点について、まともな検討をしておらず「一時避難所は駅(阿佐谷駅)のロータリーを」などの驚くべき答弁も飛び出しています。
 杉一小は耐震化されたばかりで、施設の複合化に緊急性はありません。現行計画には問題が山積しており、計画を拙速に進めることは許されません。

山田耕平 (2016年4月 6日 23:47) | コメント(0) | トラックバック(0)
心無いバッシング...政治の責任が問われる

 保育待機児童問題が深刻化するなか、「保育園おちた日本死ね!!!」ブログについて、杉並区に関わりのある政治家からの暴言が相次いでいます。
 3月15日の予算特別委員会最終日、田中ゆうたろう杉並区議はブログを取り上げ「不心得者」「便所の落書き」と罵倒、死ねというほど日本が嫌なら「日本に住まなければよろしい」と発言しました。また、夏の参院選で自民党公認で立候補予定の山田宏元杉並区長は、ブログを「落書きだ」として「生んだのはあなたでしょう、親の責任でしょ、と言いたい」と発言しました。これらの発言はマスコミからも注目され、大きな波紋を呼んでいます。
 保育待機児童問題は、党派を超えて緊急課題であり、入園出来ず仕事を辞めざるを得ないなど悲惨な現状が発生しています。政治の責任で保育所を増設することが求められている時に、自らの責任を省みず暴言を繰り返す姿勢は決して許されません。
 政治家の責任が厳しく問われます。

山田耕平 (2016年4月 4日 23:48) | コメント(0) | トラックバック(0)
 区議会が終了し、家族サービスのために多摩動物公園に行ってきました。
 ここは起伏の激しい動物園で、坂道を上がったり下りたりと、かなりの距離を歩きまわります。この間、背負子型ザックを手に入れたため、性能チェックと消防団訓練、運動不足解消も兼ねて15キロ弱の娘を背負って歩きまわりました。
 議会に缶詰めになると体も鈍りますが、プロレスで鍛えた筋肉はまだまだ衰えてはいないようで安心しました。これを機に体を鍛え直そうかな(笑)
背負子で爆睡.jpg









ユラユラ揺られて爆睡していました。



山田耕平