HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2019年2月アーカイブ

山田耕平 (2019年2月 9日 23:16) | コメント(0) | トラックバック(0)
住民説明会で切実な声が寄せられる

 公園遊具の撤去・改修方針が問題となっていた井荻公園で、住民説明会が開催されました。
 参加した住民からは、子どもたちが慣れ親しんだ木製遊具を残して欲しい、計画の進め方が住民不在で問題がある、地元小学校の3年1組の児童全員が反対している、等の切実な声が寄せられました。
 住民からの意見を受け公園の所管課長は〝寄せられた意見を踏まえて計画に反映させる。ゼロベースも含め再検討する〟と回答しました。
 公園整備に関わる国の指針では、遊具の設置等には、住民との連携の必要性が示されており、住民と行政の協働と連携による公園整備を進めていくことが求められます。

計画見直しを決定

 その後、杉並区は、木製遊具を存続させることを決定し、井荻公園における今後の遊具のあり方については、住民と協議し検討することが示されました。
 住民の声を受け止め、計画を見直した点は重要です。
井荻公園遊具1.jpg








井荻公園の木製遊具1


井荻公園遊具2.jpg








井荻公園の木製遊具2


IMG_3330.jpg




計画見直しに関する掲示


 今後の公園整備のあり方は、行政と住民との協働による計画策定が求められます。
 住民の声を計画に反映させるため、引き続き、頑張ります。

山田耕平 (2019年2月 1日 23:21) | コメント(0) | トラックバック(0)
11公園の遊具を撤去

 杉並区は公園遊具の長寿命化方針に基づき、遊具の撤去・改修作業を開始しています。多くの遊具が撤去され、遊具が新設されたとしても規模が縮小するケースが相次いでいます。
 今まで使い慣れた公園遊具が、突然、バリケードで封鎖され、撤去工事が進められていることに利用児童や保護者、近隣住民から怒りの声が広がっています。

井荻公園 住民説明会の開催とバリケート撤去を要請

 近所の井荻公園(通称:どんぐり公園)においても撤去作業が開始されており、住民の声を受け、住民説明会の開催とバリケード撤去を求めました。
 区はバリケード撤去と説明会開催を約束しましたが、計画には固執しており、問題です。
井荻公園バリケード.jpg




井荻公園は木製遊具2基が撤去される

住民との協議を求め緊急申し入れ

 各地で遊具撤去が進められる事態を受け、党区議団は緊急申し入れを実施。工事中止と住民との協議により計画を再検討することを求めました。国の指針では、計画段階から住民と情報を共有し、連携することが示されており、住民合意に基づく公園整備が必要です。
公園遊具緊急申し入れ.jpg





■11公園の遊具改修内容と実施時期
11公園の遊具改修詳細.jpg



多くの公園で既存遊具の撤去により、新設遊具の設置数や規模が縮小することになります。


山田耕平