HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2014年1月アーカイブ

山田耕平 (2014年1月30日 18:17) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区立施設再編整備計画 住民説明会が紛糾 怒りの声溢れる
 「児童館を残してほしい」「あんさんぶるの存続を」等々
 事実と異なる説明も...
 「何のため」のパブコメか? 区の驚くべき姿勢が明らかに...
今年も消防団活動開始 井草八幡宮文化財防火デー 消防訓練に参加
 荻窪消防団長より表彰を受けました!
山田耕平地域 春を呼ぶつどい 歌あり寸劇あり 大盛況!
 ご参加ありがとうございました
風邪でダウン 39度超え 早く治っておくれ~(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース142_01.jpg












週刊山田ニュース142_02.jpg













山田耕平 (2014年1月30日 18:03) | コメント(0) | トラックバック(0)
「児童館を残してほしい」「あんさんぶるの存続を」等々

 現在、杉並区内各地で区立施設再編整備計画(案)の住民説明会が開催されています。
 住民合意の無い計画の進め方に対し、どの会場でも参加者の疑問と怒りの声が噴出している状況です。
 特に児童館の存続を求める声やあんさんぶる荻窪の財産交換に反対する声が多くの方から寄せられています。
 参加したある保護者は〝児童館を残してほしい。これまでの子育て支援機能をバラバラにするべきではない。〟と意見を寄せていました。
 また、あんさんぶる荻窪を利用している住民から〝施設を拠点として、多くの方が一生懸命に住民活動をしてきた。このような計画をいつ、誰が言い出したのか?〟と涙の訴えも行なわれ、区は「区長です」と回答し、会場が騒然となる場面もありました。
施設再編案住民説明会旧若杉小.jpg


説明会の様子

事実と異なる説明も...

 質問では、杉並区の将来人口推計への指摘も行なわれました。〝推計値が杉並区基本構想などの数値と大きな違いがあること(詳細は週刊ニュース141号参照)を取り上げ、都合の良い使い分けをしているのではないか?〟と質問。
 この質問に対し、区は「基本構想・総合計画のデータは今後10年間のものしかつくっていません。」と虚偽の答弁。
 実際には、基本構想及び総合計画の策定にあたり、今後20年間の推計数値も算出されています(第一回行政経営懇談会提出資料・下図参照)。住民の質問に対し虚偽の答弁をする区の姿勢は極めて問題です。
将来人口推計行政経営懇談会資料.jpg



今後二十年間の推計値が存在している


「何のため」のパブコメか? 区の驚くべき姿勢が明らかに...

 ある参加者は〝パブコメがいっぱい集まれば計画を変更してくれるのですか〟と質問。
 この質問に対し、区は「ご意見はお寄せ頂きたいが、数が多いから計画を変えるというものではない」と回答。住民からは怒りの声が漏れました。
 さらに、区は「計画に賛成の方は、声を上げないのが一般的」とし、〝パブコメに意見が寄せられても住民の総意ではない〟と答弁。区民等の意見提出手続き(パブリックコメント)を完全に軽視する姿勢を明らかにしました。区民等の意見提出手続きの根底を揺るがす重大問題です。
 二月から開会する第一回定例会では、この問題を徹底追及します。

山田耕平 (2014年1月29日 18:14) | コメント(0) | トラックバック(0)
 巷ではインフルエンザが大流行しています。みなさんもお気を付けください。
 そんな中、我が家は息子が熱発(38.5度→39.5度)となり、インフルエンザか!?と思いきや、検査をしたところ、ただの風邪とのことでした。ひとまず安心しましたが症状は重く、喉が腫れ、鼻も詰まり、とても辛そうです。午前中は36度代まで下がるものの、午後には39度まで上がります。子どもの風邪は本当に心配です。
 現在、妹にはうつってないものの、こちらもヒヤヒヤ。気が気でない状態です。
 親になってみると、子どもの病気に身代わりに罹ってあげたい気分になります...。
 これから先、子どもは何度も病気をすると思いますが、親も逞しくならないとダメですね。
発熱ダウン.jpg










ピースサインも力なく...



山田耕平 (2014年1月26日 18:09) | コメント(0) | トラックバック(0)
 1月24日、井草八幡宮文化財防火デー消防訓練が行なわれ、荻窪消防団第三分団が参加しました。
 私も消火班メンバーとして参加しました。
井草八幡宮文化財防火デー.jpg



井草八幡宮での訓練の様子
荻窪消防団第三分団フェイスブックより転載


荻窪消防団長より表彰を受けました!

 荻窪消防団初出式で表彰(荻窪消防団長賞)されました。地域の防災力向上に向けて、これからもがんばります。
荻窪消防団表彰状.jpg








山田耕平 (2014年1月23日 18:23) | コメント(0) | トラックバック(0)
 1月21日、区立施設再編整備計画(案)が発表されました。この間、杉並区政を揺るがす大きな問題となってきた計画(素案)は、住民の声を受け、一部修正されましたが、大きな変更点は無く、区立施設の大幅削減方針は依然として継続されています。
 区立施設再編整備計画(案)についての党区議団ニュースをご覧ください。
区議団ニュース2014.1月区立施設再編整備_01.jpg












区議団ニュース2014.1月区立施設再編整備_02.jpg













山田耕平 (2014年1月17日 13:29) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区立施設再編整備計画(案)示される
 1月21日(火)より「区民等の意見提出手続き(パブリックコメント)」開始
 計画(素案)から(案)へ移行 大きな変更点無く区民サービス削減へ
 住民説明会軽視の発言の一方...
 人口減少のまやかし...将来人口推計の使い分けも
 パブリックコメントにご意見を!
大きく異なる高齢者人口・人口減少数... 将来人口推計のデータ使い分けの実態とは?
 ①データ 区立施設再編整備計画で示される将来人口推計
 ②データ 杉並区住宅マスタープランH26~33年度(案)で示される将来人口推計
 ③データ 杉並区環境基本計画H25年11月
 なぜ、将来人口推計が大きく異なるのか?
キツネとタヌキ(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース141_01.jpg












週刊山田ニュース141_02.jpg













山田耕平 (2014年1月16日 13:09) | コメント(0) | トラックバック(0)
 区行政が使い分けている将来人口推計のデータを紹介します。

①データ 区立施設再編整備計画で示される将来人口推計
①将来人口推計.jpg


高齢者人口の増加が極端に多く、人口減少の幅も大きい人口推計データ。少子高齢化を示す資料として区立施設再編整備計画の根拠とされる。


各データの比較は、年度が近く比較しやすい
①H32年(2020年)と②H34年(2022年)
①H42年(2030年)と③H43年(2031年)
を比較対象とする。

②データ 杉並区住宅マスタープランH26~33年度(案)で示される将来人口推計
②将来人口推計.jpg






①データ H32年(2020年)では、総人口に占める高齢者人口割合は28.2%となる。しかし...
②データ H34年(2022年)では、総人口に占める高齢者人口割合は20.7%となる
②データでは、人口もほぼ横ばいとして示される。

③データ 杉並区環境基本計画H25年11月で示される将来人口推計
③将来人口推計.jpg






①データ H42年(2030年)では、総人口に占める高齢者人口割合は32.4%となる。しかし...
③データ H43年(2031年)では、総人口に占める高齢者人口割合は22.1%となる
総人口数についても
①データでは、505800人に対し、
③データでは、537000人となる。
③データでは極端な人口減少は発生しない


行政経営懇談会将来人口推計.jpg


杉並区行政経営懇談会に提出された資料も数値が大きく異なるデータとなっている。
資料の詳細データはコチラ


なぜ、将来人口推計が大きく異なるのか?

 ①の人口推計データは「国立社会保障・人口問題研究所」の推計値であり、日本全国の人口動向を各自治体に当てはめたものです。
 ②③のデータは区が独自に最新のトレンドを加味した推計値であり、国立社会保障・人口問題研究所」より、詳しい推計となっています。
 杉並区でも基本構想、総合計画などの最上位の行政方針には、区独自の人口推計データを使用しています。
 計画内容により、作為的にデータの使い分けを行なうことは重大な問題です。

山田耕平 (2014年1月15日 12:59) | コメント(0) | トラックバック(0)
1月21日(火)より「区民等の意見提出手続き(パブリックコメント)」開始

計画(素案)から(案)へ移行 大きな変更点無く区民サービス削減へ

 杉並区立施設再編整備計画(案)が区議会に示されました。1月17日に行なわれる全員協議会の場で、全議員に説明が行なわれます。
 この間、計画(素案)については、多くの区民から懸念の声が寄せられていましたが、大きな変更点は無いまま、計画(案)へ格上げされました。1月21日より、一カ月間のパブリックコメントが行なわれ、計画化されます。
 施設利用者や現場職員の声を計画(案)に反映させない区行政の姿勢は大きな問題です。

住民説明会軽視の発言の一方...

 今回示された計画(案)についても改めて住民説明会が行なわれます(詳細下記)。
 この間の住民説明会に対して、区長は〝利害関係者が多く参加し、政治的な思惑を持った住民が動員される〟旨の発言をしました。
 自治体首長が住民説明会を軽視し、住民の声を歪める重大な問題発言であり、区長の政治責任が厳しく問われます。
施設再編(案)住民説明会.jpg









施設再編整備計画(案)の住民説明会の日程 区ホームページはコチラ


人口減少のまやかし...将来人口推計の使い分けも

 区行政は区立施設廃止の理由として「少子高齢化」による人口減少を挙げています。〝人口減少により税収が減るため、区立施設を維持・管理出来ない〟と度々、説明してきました。
 しかし、その根拠となる将来人口推計のデータが、都合良く使い分けされていることも明らかとなっています。データの種別により、高齢者人口が大幅に変動し、人口減少の規模も時期も大きく異なる状況です。特に特別区(23区)などの都市部の場合は、人口減少の幅も大きく異なります。作為的なデータの使い分けは、直ちに改めるべきです。

※人口推計の詳細データについては、16日付を参照してください

パブリックコメントにご意見を!

 区立施設再編整備計画(案)についての「区民等の意見提出手続き(パブリックコメント)」が行なわれます。ぜひ、みなさんのご意見をお寄せください。

■期間
1月21日(火)~2月20日(木)
■詳細・方法
 広報すぎなみ(1月21日付)に掲載予定。
 杉並区ホームページでもご覧になれます。
□3月初旬「区民等の意見提出手続き」の結果を区議会に報告予定

山田耕平 (2014年1月14日 13:26) | コメント(0) | トラックバック(0)
 最近、実家の家族揃って食事をする機会が増えました。
 ある日、家族で話題になったのは、二人が戯れるのを見て「キツネとタヌキみたいだね...」とのこと。妙に納得...(苦笑)。
 従兄弟同士、とても仲良しな二人です。
きつねとたぬき.jpg








息子はタヌキの方ですかね。


山田耕平 (2014年1月12日 18:12) | コメント(0) | トラックバック(0)
ご参加ありがとうございました

 1月11日(土)山田地域後援会の「春を呼ぶつどい」が開催されました。
 急きょ決まった都知事選挙により、会場が確保出来ず、日程が変更するなど厳しい条件でしたが、大勢のみなさんにご参加いただきとても盛り上がりました。
2014新春のつどい.jpg






 みなさんのご参加ありがとうございました。
 当日は参加者による様々な出し物なども披露され、笑顔が溢れる会となりました。
 回を重ねるごとに、子育て世代の参加が増えてきており、世代を超えた交流が広がっています。
 今年一年も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
山田耕平 (2014年1月10日 12:45) | コメント(0) | トラックバック(0)
1月23日告示・2月9日投票 都知事選挙勝利に向けて 宇都宮健児さんと希望のまち東京を!
 日本共産党が推薦 勝利へ全力 杉並では勝手連を立ち上げ
 これからの日本を占う選挙 安倍政権の暴走にストップを
 宇都宮氏の都知事選政策 基本政策
 杉並勝手連スケジュール
杉並区へ年頭の申し入れを実施 悪政からの防波堤の役割を果たすよう要請
新年から宣伝にも全力 日本共産党のさらなる前進に向けて
2014年も家族一同よろしくお願い致します!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース140_01.jpg












週刊山田ニュース140_02.jpg













山田耕平 (2014年1月 9日 12:42) | コメント(0) | トラックバック(0)
 育メン日誌も3年目です。本年も育メン日誌をよろしくお願いします。
 さて、昨年末には、家族揃ってスタジオに写真撮影に行きました。忙しさにかまけて、妹も含めた家族全員の写真を撮っていないことに気付き、大慌てで写真を撮りました。子どもたちの成長は早いので、一瞬一瞬を大切にしたいですね。良い記念になりました。
スタジオ記念写真.jpg






妹はおめかししていますが、お兄ちゃんの方は、必死に抵抗...(苦笑)
そのために、お兄ちゃんは私服での撮影でした。お店の人の話では「男の子は、みんなこんな感じです(笑)」とのこと。次回に期待します。



山田耕平 (2014年1月 9日 12:27) | コメント(0) | トラックバック(0)
日本共産党が推薦 勝利へ全力 杉並では勝手連を立ち上げ

 医療法人「徳洲会」からの裏献金疑惑で猪瀬前知事が辞職したことに伴い、都京都知事選挙(1月23日告示・2月9日投開票)が行なわれます。
 日本共産党は、前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児さんを推薦し、選挙を戦うことを決定しました。
 杉並区でも6日、区内の様々な市民団体や住民が集まり、都知事選挙勝利に向けた相談会を開催しました。
 杉並区でも勝手連(幅広い市民が自主的に共同して選挙を戦う)を立ち上げることを決定しました。日本共産党も参加し、超党派で支援することを表明しました。
宇都宮写真記者会見.jpg








記者会見する宇都宮健児さん
しんぶん赤旗より


略歴
1946年、愛媛県生まれ。日本弁護士連合会前会長。社会のために働こうと弁護士を志し、68年に東京大学法学部を中退。83年に独立し、東京市民法律事務所を経営。多重債務、消費者金融問題の被害救済に尽力し、約6万超の悪徳業者を告発。反貧困ネットワーク代表、派遣村の名誉村長、脱原発法制定全国ネットワーク代表世話人。


杉並勝手連スケジュール

どなたでも参加できます。賛同される方は、お誘い合ってご参加ください。

◆キックオフ集会  1月17日(金)午後6時30分  産業商工会館

◇事務局会議  1月11日(土)午後5時15分  阿佐谷地域区民センター第4会議室

◇相談会  1月12日(日)午後5時30分  あんさんぶる荻窪第2会議室

◆宣伝行動  1月11日(土)午後3時~4時30分  阿佐ヶ谷駅南口
         1月12日(日)午後3時~4時30分  荻窪タウンセブン前


これからの日本を占う選挙 安倍政権の暴走にストップを

 都知事選挙は、全国が関心を持ち、安倍政権の暴走に都民が審判を下す機会になります。また、石原・猪瀬両都知事時代に削減され続けてきた東京の暮らしと福祉を取り戻すことも重要な争点です。東京五輪の開催を名目に進められようとしている外環道計画などを始めとする大型開発の乱発を止める機会にもなります。
 東京から日本を変える選挙であり、都知事選挙勝利に向けて、全力を尽くします。

宇都宮氏の都知事選政策 基本政策
1、 世界一働きやすく、くらしやすい希望のまち東京をつくります。
2、 環境重視、防災・減災重視のまち東京をつくります。
3、 原発再稼働・原発輸出を認めず、原発のない社会と経済を東京からめざします。
4、 教育現場への押し付けをなくし、いじめのない、子どもが生き生きと学べる学校をつくります。
5、 安倍政権の暴走をストップし、憲法を守り、東京からアジアに平和を発信します。

山田耕平 (2014年1月 8日 12:36) | コメント(0) | トラックバック(0)
 1月7日(火)、日本共産党杉並区議団は、杉並区への新年の申し入れを行ないました。
 申し入れでは、安倍政権のもとで強行される増税と社会保障の一体改悪の大幅負担増に対し、自治体が防波堤の役割を果たし、住民の暮らしと福祉を守るよう求めました。
 また、認可保育園の増設、高齢者・障害者の福祉施設の大幅拡充、各種保険料の負担軽減、教育環境の整備など、十項目を要請しました。
 現在、杉並区で大きな問題となっている区立施設再編整備計画と施設使用料の見直しについても、白紙撤回するよう求めました。
2014年新年申し入れ写真.jpg




区議団で新年の申し入れ


2014新年申し入れ全文.jpg









申し入れ全文



山田耕平 (2014年1月 7日 12:39) | コメント(0) | トラックバック(0)
 2014年は都知事選挙に始まり、7月には区長・区議補欠選挙が行なわれるなど、選挙の一年となります。
 2014年も日本共産党のさらなる前進を勝ち取るために宣伝活動にも力を入れています。本年もご協力をお願い致します。
2014井草八幡宮宣伝.jpg






井草八幡宮前での元旦宣伝


2014阿佐ヶ谷新年宣伝.jpg




吉田都議・区議団・上保まさたけ衆議院東京八区予定候補で合同の新年宣伝



山田耕平 (2014年1月 1日 09:17) | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年 新しい年の幕開け みなさんと一緒に政治を動かします!
 区民の声を区政に届ける 願い実現に向けて全力
 ・保護者と共同し認可保育園増設へ
 ・防災に全力 水害多発地域への対策強化を
 ・公有地活用で特養ホーム整備を
 国民不在の暴走政治をストップ! くらしを守り、悪政からの防波堤として
 ・暴走政治から、住民を守る防波堤の役割も
 ・区立施設再編整備計画は一旦、白紙に
 ・地域要求実現に向けて全力
 ・外環道・外環の2計画ストップを
 ・消防団活動も全力
育メン日誌は3年が経過!(山田耕平・育メン日誌2013年総集編)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース139_01.jpg












週刊山田ニュース139_02.jpg













山田耕平 (2014年1月 1日 08:14) | コメント(0) | トラックバック(0)
区民の声を区政に届ける 願い実現に向けて全力

 2014年がスタートしました。本年もよろしくお願いします。
 区議会議員となり3年目を迎え、掲げた公約の実現に本格的に取り組んでいます。この間、認可保育園や特別養護老人ホームの増設、災害対策等の拡充が始まっています。
 しかし、行政の取り組みは、規模と速度が不十分であり、引き続き、公約実現に向けて全力を尽くします。

本年も〝みなさんとご一緒に政治を動かす〟一年となるよう、奮闘します。
ご指導ご鞭撻をよろしくお願いします。

山田耕平