HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2017年3月アーカイブ

山田耕平 (2017年3月31日 23:13) | コメント(0) | トラックバック(0)
 荻窪消防団の消防操法大会が6月11日に開催されます。私は、今期も操法大会選手に選ばれ、訓練が始まりました。昨年に引き続き、ホースを運ぶ2番員を務めます。2番員は操法大会の花形とも言われますが、重いホースを担ぎ全力疾走する大変なポジションです(苦笑)。
 昨年の大会では、私の所属する第三分団は3位に入賞したものの、私が操作するホースの結合部分にトラブルが発生するというアクシデントに見舞われ、残念な結果となりました。
 今回は、昨年の悔しさをバネに、雪辱を果たすべく全力を尽くします。

消防団員募集中です!
興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せください

山田耕平 (2017年3月30日 22:00) | コメント(0) | トラックバック(0)
 善福寺川緑地公園の地下に整備された「善福寺川調節池」の視察を実施しました。

浸水被害の早期軽減へ 広場地下に大規模調節池

 善福寺川調節池は、善福寺川上流域の浸水被害を早期に軽減することを目的とし、都立善福寺川緑地のなかよし広場地下に整備されたもので、貯留量約35000㎥の調節池となります。
 洪水時に、善福寺川の水位が一定水位まで上昇した場合には、取水堰から河川水が越流し、調節池内部に貯留(自然越流方式)されます。善福寺川の水位が低下した後、電動ポンプにて排水が行なわれます。
 2005年9月4日に発生した集中豪雨は、時間最大112㍉の降雨量となり、善福寺川流域河川の溢水等により杉並区内で2千世帯以上の浸水被害となりました。
 河川整備等の集中豪雨対策は喫緊の課題となっており、党区議団も再三に亘り、水害対策の促進を求めてきました。
善福寺川調節池.jpg



善福寺川調節池完成イメージ図

善福寺川調節池内部.jpg




直径60m、深さ27mの調節池内部


善福寺川調節池取水口.jpg





調節池の取水口と越流堤


■善福寺川調節池の概要

貯留量

35000

調節流量

22/s

施設面積

3600


昨年8月末より取水可能に 上流域の河川整備も加速

 善福寺川調節池は、2016年8月31日より取水が可能となっており、浸水被害軽減に向けた効果が期待されます。今回の調節池の設置により、上流域の河川整備も加速します。今後、調節池より上流の護岸整備や河床の掘削等の対策が進められます。
 昨今、局地的な集中豪雨・ゲリラ豪雨が多発しており、善福寺川流域での浸水被害が発生しています。善福寺地域、西荻北地域でも深刻な被害が相次いでいます。今回の調節池の設置は時間100ミリの豪雨対策として大きな前進となりますが、引き続き、上流域の河川整備等の対策を求めます。

山田耕平 (2017年3月29日 23:10) | コメント(0) | トラックバック(0)
放射線量は半減、国の責任ある対応を

 3月24日(金)杉並区役所地下倉庫内に保管されている放射能汚染シートの再調査を実施しました。
 東日本大震災の原発事故により、区内小学校等の芝生養生シートから高濃度の放射線量が検出されたことを受け、杉並区役所地下3階に土嚢や鉛で遮蔽した設備を整え、厳重に保管しているものです。
 放射線量は当時の測定より半減以下に下がっている状況でした。引き続き、国・都による廃棄等の責任ある対応が求められます。
放射線量地下3階調査.jpg










今回の調査で放射線量の半減を確認。


週刊ニュース・放射線量地下3階.jpg




当時の調査の様子「週刊ニュース63号」に詳細。


山田耕平 (2017年3月23日 18:56) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉一小複合化計画等の見直し「中間報告」示される 区民との丁寧な議論を尽くすべき
 見直し案(B案)では杉一小の環境は改善
 貴重な緑地の喪失も懸念
 2案に限定せず区民的な議論を
日本共産党杉並区議団は反対 国民健康保険料 来年度も値上げ
 過去5年間で金額・率とも最高の値上げ幅
 広域化で大幅値上げか...
続報:ビーチバレーコート関連議案 各会派の賛否について    
 反対議員10名で記名投票を要求
 関連議案への各会派の賛否
目指せ「殿堂入り」!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース266_01.jpg











週刊山田ニュース266_02.jpg












山田耕平 (2017年3月21日 22:54) | コメント(0) | トラックバック(0)
 料理に挑戦する日々が続いています。妻の悪阻(ツワリ)は少しずつ改善しつつありますが、長時間立っていることが出来ません。
 そのため、この機会に朝夕の食事を作り続けていますが、最近、料理が楽しくなり、ちょっとした趣味のように(苦笑)。
料理レシピのコミュニティウェブサイト「クックパッド」は、〝凄い〟の一言で、あらゆる食材やニーズに対応した250万件近くのレシピがあり、ド素人の私でも、毎日レパートリーが増えていきます。
 子どもに講評をもらい、認められたメニューは晴れて「殿堂入り」とのこと。年長にもなると難しい言葉を知っています。殿堂入りを目指して、今日も腕を振るいます。
ある日の朝食.jpg









先日、卵焼きが殿堂入り


山田耕平 (2017年3月20日 21:39) | コメント(0) | トラックバック(0)
 阿佐谷地域の集会施設を杉一小に統廃合する杉一小複合化計画が見直しを余儀なくされています。この間、杉一小隣接のけやき屋敷に近隣の河北病院が移転する方針案が浮上し、計画の前提が崩れたためです。

見直し案(B案)では杉一小の環境は改善

 3月3日、見直し案の「中間まとめ」に伴う住民との意見交換会が開かれました。
 見直し案(B案)は、杉一小を病院跡地に移転。阿佐谷地域区民センターはけやきプールの敷地に移転。産業商工会館は、現在の杉一小の敷地に複合ビルを建設し、複合ビル内に移転するプランとなっています。
 杉一小に関しては、現在の案(A案)と比較すると、小学校単独での整備となり、屋上校庭から地上校庭への見直し、敷地も広くなるなど、以前より良好な教育環境となる見通しです。
B案
B案.jpg






貴重な緑地の喪失も懸念

 一方、河北病院の移転先は、区内でも貴重な緑地となっている「けやき屋敷」となります。
 「けやき屋敷」は「杉並百景」にも選ばれている緑地であり、見直し案(B案)では、緑地の大部分が喪失することが懸念されています。

■今後のスケジュール
3月に一定の方向性を出し、4・5月には計画化する見通し。

■次回意見交換会
日時 3月28日(火)19時~
場所 杉一小体育館

2案に限定せず区民的な議論を

 見直し案は、発表されたばかりであり、区民への周知も進んでいません。現時点で2案に限定し、結論を区民に迫るのではなく、時間をかけてでも区民的な議論を成熟させ、区民意見を計画に反映させることが重要です。

山田耕平 (2017年3月19日 22:50) | コメント(0) | トラックバック(0)
反対議員10名で記名投票を要求

 ビーチバレーコート関連議案の賛否について、党区議団を含む反対議員10名が杉並区議会会議規則第72条の規定に基づき、記名投票による採決を要求しました。記名投票は、出席議員10人以上から要求がある場合等に実施されます。
 過去、重大な議案の採決の際には記名投票が要求されてきました。記名投票により各議員の賛否の態度が明確に示されることになります。
 本議案について、杉並区議会本会議録画中継(3月16日)で投票の様子をご覧になれます。

関連議案への各会派の賛否

会派

自民

公明

未来

共産

平和

自無

杉わ

共生

美杉

無木

賛否

×

×

×

×

×

47名中、賛成37名、反対10名。※議長は採決に不参加
山田耕平 (2017年3月18日 23:47) | コメント(0) | トラックバック(0)
過去5年間で金額・率とも最高の値上げ幅

 来年度の国民健康保険料を一人あたり平均7252円値上げ(23区平均)する議案が提案されました。
 国民健康保険料は、毎年値上げされており、今回は過去5年間で金額・率とも最高の値上げ幅となります。
 今でさえ「国保料が高くて払えない」との声が多数寄せられており、これ以上の負担は限界です。
 党区議団は区民の切実な声を取り上げ、新年度の保険料値上げを中止し、区独自の負担軽減に取り組むよう求めました。しかし、区は区民の暮らしの実態に寄り添う姿勢を示さず、さらなる値上げを必要とする姿勢に終始しました。
 議案の採決では、党区議団と一部少数会派議員は反対しましたが、自民、公明、未来、平和、自無等の賛成多数で可決されました。

■2017年度東京23区の国保料モデルケース試算

年金受給者2人世帯(配偶者収入なし)

 

2016年度

2017年度

値上げ幅

年収100万円

27,720

29,700

1,980

年収200万円

87,936

93,821

5,885

年収300万円

222,936

237,621

14,685


給与所得者3人世帯(配偶者・子ども収入なし)

 

2016年度

2017年度

値上げ幅

年収200万円

189,912

202,727

12,815

年収300万円

279,792

298,437

18,645

年収400万円

345,504

368,219

22,715


■杉並区 一人あたり平均保険料の推移

 

 

値上げ幅

2013年度

106,509

 

2014年度

110,934

4,425

2015年度

114,164

3,230

2016年度

114,365

201

2017年度

122,404

8,039

※23区平均より若干高くなっている。           (単位は円)

広域化で大幅値上げか...

 国保は2018年度に市町村から都道府県に運営主体が移ります。これまで多くの自治体が国保料額を抑えるために一般会計からの繰り入れをしていますが、移行により繰り入れが無くなり、保険料の大幅引き上げが懸念されます。
 区民の命と健康を守るために、杉並区独自の国保料減免制度の拡充に全力をあげます。


山田耕平 (2017年3月17日 23:09) | コメント(0) | トラックバック(0)
今議会において賛成多数で可決・強行

 今定例会では、永福小跡地にビーチバレーコートを整備するために契約議案が上程されました。「なぜ、海もない杉並区にビーチコートなのか?」「保育園用地が足りないのに、ビーチコートは整備するのか?」等々、区民から疑問と怒りの声が寄せられています。
 一方、区は計画強行に固執しており、さらに杉並区議会スポーツ振興議員連盟の要望も受けて、整備を進めるとしています。
 区民の声を受け止めることなく、不要不急なビーチバレーコート整備を進めることは問題です。
ビーチバレーコート.jpg


杉並区永福体育館移転改築建築工事におけるビーチバレーコートのイメージ図(左)
計画を推進したスポーツ振興議員連盟の責任も厳しく問われる。

ビーチバレーコート賛否.jpg







ビーチバレーコートに関する議案の各会派賛否(日本共産党杉並区議団は反対)
※議会事務局作成



山田耕平 (2017年3月16日 23:21) | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年杉並区議会第一回定例会予算特別委員会・保健福祉分野で質疑 杉並区は住民福祉の向上に全力を!
 介護保険改悪の影響は深刻 介護職員の処遇改善策を
 ※介護現場の深刻な実態を伝える報道が相次ぐ...
 障害者の移動支援事業の拡充を
 ※杉並区の移動支援事業の実施状況
2017年4月開設の新設園において保育士が不足...党区議団の調査で発覚
 区の認識と事業者の実態にズレ
 ※新規開設園の保育士募集状況(3月7・8日時点)
 新規開園に向け、区長が調査を約束
 区独自に保育士処遇改善を
なぜ、杉並区にビーチバレーコート?
 今議会において賛成多数で可決・強行
涙涙の卒園式(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース265_ページ_1.jpg











週刊山田ニュース265_ページ_2.jpg












山田耕平 (2017年3月13日 23:06) | コメント(0) | トラックバック(0)
区の認識と事業者の実態にズレ

 この間、認可保育所の大規模整備が行なわれ、2017年4月開設に向けた最終段階となっています。新規開設園は19園にも上り(公設民営園等を除く)必要な保育士数は300名を超えています。保育士確保は最重要の課題です。
 質問では新規開設園における保育士確保状況を確認したところ、区は「ほとんどの園で充足している」「ほとんどの所で100%」と答弁しました。
 一方、党区議団の独自調査では、既に保育士を充足した新設園は僅かであり、ほとんどの園で保育士募集をかけていることが明らかとなっています(下表)。事業者の実態と区の認識が異なる点について質問すると「事業者から報告を受けている。信用するしかない」などと事業者任せともとれる答弁が行なわれました。

新規開設園の保育士募集状況(3月7・8日時点)

数名募集

2園

2~3名募集

2園

1~2名募集

5園

若干名、募集中のみ、もう少し

6園

充足済み(募集なし)

3園

※新規開設園19園中18園を調査
多くの園で未だに保育士募集を行なっている実態が明らかになった。

新規開園に向け、区長が調査を約束

 新規開設園において、保育士が充足していないことは重大な問題であり、事業認可にも関わります。「保育の質」を確保する上でも深刻な事態です。再度、事業者の実態把握と支援を求めたところ、区長が再調査を約束。事業者への実態把握を行なうことになりました。

区独自に保育士処遇改善を

 保育士確保の第一義的責任は事業者にありますが、区の政策判断のもとで保育所の大規模整備に取り組んでおり、行政の丁寧な支援が求められます。
 質問では、さらなる保育士処遇改善策を求め、他自治体で取り組まれている保育士への月一万円の独自補助などを検討するよう求めました。
 区は、検討すると答弁しましたが、保育士確保に向けて、速やかな対策が必要です。

山田耕平 (2017年3月11日 23:47) | コメント(0) | トラックバック(0)
 3月9日(木)、現在開会中の杉並区議会第一回定例会・予算特別委員会の保健福祉分野で質疑に立ちました。介護保険・高齢者福祉、障害福祉サービス、保育の各分野を取り上げました。
2017予算特別.jpg









介護保険改悪の影響は深刻 介護職員の処遇改善策を

 この間、介護保険制度改悪が連続しています。特に介護報酬の引き下げによる影響は深刻で、区内の介護サービス事業者の事業撤退が相次いでいる状況です。
 また、杉並区介護保険運営協議会でも、介護現場の委員から「一割減は相当痛手」等の切実な声が出されています。
 区内の特養ホームでは、職員体制が圧迫され、利用者へのサービス提供に支障が出ています。
 質問では、介護現場の深刻な実態の把握を求めると共に、他自治体の介護職員の処遇改善策を取り上げ、杉並区でも独自に対策を実施するよう求めました。
 区は実態把握に努めるとしながらも、処遇改善策については明言を避けるなど、不充分な姿勢に終始しました。引き続き、介護現場の実態改善に取り組みます。

介護現場の深刻な実態を伝える報道が相次ぐ...
■朝日新聞「介護事業所過去最多ペースで62件倒産」2016年9月8日付
■東京新聞「介護事業所の倒産急増 昨年最多108件 介護報酬下げ響く」2017年2月8日付

障害者の移動支援事業の拡充を

 杉並区内の障害当事者の団体から障害者の移動支援事業の拡充を求める要望が多く寄せられています。
 移動支援とは、移動が困難な障害者(児)が充実した日常生活を営むことができるよう、ヘルパーを派遣し、社会参加等に必要な外出時の支援を行なうものです。具体的な取扱いは、各区市町村の判断に委ねられており、地域特性や利用者ニーズに応じて柔軟に実施されるものとしています。
 しかし、杉並区では他自治体と比較しても利用が制限されるケースが多く、利用者のニーズに沿った対応が不十分です。さらに、障害別にも利用に大きな格差があり(下表)、障害者の社会参加を進める上で大きな課題となっています。
 質問では、障害別の格差の解消と利用制限を緩和するよう求めました。

杉並区の移動支援事業の実施状況
■申請者数と承認者数(柔軟運用者数)

年度

25年度

26年度

27年度

申請者数

998

1042

1059

承認者数

998

1041

1059

内、柔軟運用者数

157

172

163

※申請者数=承認者数となっている。「水際作戦」のように、広く申請を受け付けていない状況。

■障害別の内訳(27年度)

利用者実数

840

全身性障害

77

視覚障害※

1

知的障害

732

精神障害

10

高次脳機能障害

20

※平成23年より、視覚障害者の移動支援サービスは「同行援護サービス」へ移行。

山田耕平 (2017年3月10日 23:17) | コメント(0) | トラックバック(0)
 息子の卒園式と保護者行事が行なわれました。息子が5年間お世話になった保育園を卒園し、4月から小学校1年生です。
 卒園式では、これまでの息子の成長を振り返り、涙が溢れました。沢山の苦労がありましたが、多くの喜びを感じた5年間でした。
 お世話になった全てのみなさんに感謝申し上げます。
 保護者行事では、父母が寸劇「桃太郎」を披露。私も戦隊ヒーローに扮し、桃太郎のお供役に。子ども達も大喜びでした。卒園しても保育園の友達を大切に、小学校生活も頑張ってほしいと思います。
卒園式.jpg












息子も大きくなりました。



山田耕平 (2017年3月 2日 23:51) | コメント(0) | トラックバック(0)
東京外かく環状道路  東名ジャンクションでシールドマシン発進式 問題山積のままトンネル工事強行
 抗議行動の面前で強行
 小池都知事・石井国土交通大臣 東名高速「以南」にも言及...
 各地で続発する重大事故 安全軽視は許されない
 ※74名の沿線自治体議員が抗議声明
久我山東原公園の代替地確保が"妨害"されている!?「噂話」で議会答弁 区長の姿勢が問われる
 公園の代替用地確保は進まず...
 区の失策の責任を住民に転嫁か
 区長は政治姿勢を正すべき
 ※久我山東原公園保育所転用問題
杉並でも「野党は共闘!」
 市民と4野党が合同宣伝
卒園までのカウントダウン(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース264_ページ_1.jpg











週刊山田ニュース264_ページ_2.jpg












山田耕平 (2017年3月 1日 23:49) | コメント(0) | トラックバック(0)
 3月に入り、息子の卒園まで、あと一カ月余りとなりました。月日が経つのは早いもので、赤ちゃんの時からお世話になってきた保育園での生活も残り僅かです。
 卒園に向けて、保護者達から子ども達へのお祝いと先生への感謝を込めたイベントを準備しています。保護者有志で歌を作り、演劇「桃太郎」を披露します。私も戦隊ヒーローに扮して登場予定です(子どもには秘密)。
 なぜ、「桃太郎」に戦隊ヒーロー?今は明かせません(笑)。
 日々、忙しくしている保護者達が子ども達のために猛奮闘している姿は励まされます。頑張るぞ!
戦隊コス.jpg







劇の準備も大変です(泣)



山田耕平