HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2016年8月アーカイブ

山田耕平 (2016年8月31日 22:38) | コメント(0) | トラックバック(0)
 杉並区議会第三回定例会が9月9日より始まります。前年度の決算議会となり一カ月以上の開会となります。既に激しい議会準備が始まっており、妻が遅番の時には実家に子どもを預け、議会準備に没頭中です。実家の存在はありがたいですね。
 約一カ月間、全力を尽くします!
年度工作.jpg




実家では、たこ焼き作りから粘土工作まで、充実した時間を過ごしているようです。
ありがたや~(泣)。


山田耕平 (2016年8月26日 06:58) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区実行計画改定案・区立施設再編整備計画改定案で全員協議会を開催せず...田中区政 議会軽視の暴走を深刻化
 二元代表制の形骸化に...田中区長の議会軽視は問題
 ※全員協議会
 二元代表制とは?
 区長言いなりの杉並区議会 議会の責任も厳しく問われる
下井草・向井公園の保育園転用問題 工事着工・違法支出差止めの住民訴訟開始
 向井公園の存続を求め近隣住民が申し立て
 ※住民は何を申し立てたのか?(概要)
 訴訟中でも工事を強行
 区議団ニュースで問題を告発
区立施設再編整備計画「改定案」に関する説明会について
妻の実家・伊豆大島で自給自足生活(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース244_01.jpg











週刊山田ニュース244_02.jpg












山田耕平 (2016年8月25日 20:40) | コメント(0) | トラックバック(0)
 杉並区が進める区立施設の再編整備計画について、計画の進捗状況や新たな課題への対応などを盛り込んだ第一次実施プランの改定案について説明会が開催されます。ぜひ、ご参加ください。

■日時・場所
○9月1日(木)午後7時 西荻地域区民センター
○9月2日(金)午後7時 永福和泉地域区民センター
○9月3日(土)午後2時 杉並区役所
○9月5日(月)午後7時 荻窪地域区民センター
○9月6日(火)午後7時 セシオン杉並

■問い合わせ
杉並区政策経営部企画課施設再編・整備担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1-15-1
電話:03-3312-2111(代表)ファクス:03-3312-9912

今後の区政運営に関わる計画です。ぜひ、ご参加ください!
山田耕平 (2016年8月24日 23:30) | コメント(0) | トラックバック(0)
二元代表制の形骸化に...田中区長の議会軽視は問題

 田中区長の区政運営において、議会軽視の姿勢が深刻化しています。
 来年度(平成29年度)にかけて、杉並区実行計画や杉並区区立施設再編整備計画の改定が行なわれます。両計画とも今後の区政運営の根幹に関わる計画であり、二元代表制の一角を成す議会は計画策定段階から適切に関与することが必要です。しかし、両計画について、全議員を対象とした※全員協議会を開催することもなく、会派毎の個別説明と特定の委員会(総務財政委員会)への報告で済ませ、9月1日からは区立施設再編整備計画に関する住民説明会を開催することが決まっています。
 これまで実行計画が改定された際には、区行政から区議会に対し改定案の説明のための全員協議会の開催を要請し、全議員が揃った場所での説明と質疑が行なわれていました。
 全員協議会の開催のように、これまで行なわれていた議会運営に関する手続きを省略し、住民生活に大きな影響を与える計画を一方的に進める手法は二元代表制を形骸化させる重大な問題です。
施設再編改定案チラシ.jpg









区立施設再編整備計画改定の説明会は9月1日より開催。


※全員協議会
全員協議会は会議規則125条第1項の規定に基づき、区政に関する重要事項・議会の運営に関し、協議・調整を行なう。

二元代表制とは?

 住民が直接選挙で、首長と議会の議員を別々に選ぶ制度。日本国憲法93条に定めている。
 首長は予算や条例などの議案提出や人事など幅広い行政運営の権限、議会は議案の議決などで首長の行政運営を監視する権限を持つ。相互の役割分担と緊張関係を保ち、自治体のルールを決めていくことが本来の二元代表制の在り方となる。

区長言いなりの杉並区議会 議会の責任も厳しく問われる

 この間、大きな問題となっている待機児童解消緊急対策についても、議会へのまともな情報提供が無いまま強行されています。しかし、そのような状態であっても、区長が示す議案には即・賛成で、議会のチェック機能が適切に果たされていない杉並区議会の実態があります。
 深刻な議会軽視が行なわれているのにも関わらず、区長言いなりとなっている会派や議員の責任が厳しく問われます。
 区長の暴走に対し、歯止めとならない議会の責任を追及することも必要です。

山田耕平 (2016年8月23日 22:34) | コメント(0) | トラックバック(0)
向井公園の存続を求め近隣住民が申し立て

 下井草・向井公園を廃止し保育所に転用する問題について、近隣住民が工事着工及び違法支出差止めの仮処分申し立てを東京地裁に行ないました。
 杉並区が住民無視で進める向井公園の閉鎖工事について、工事を止めるよう求める訴訟が始まっています。
向井公園工事2.jpg




着々と工事が進められる向井公園


※住民は何を申し立てたのか?(概要)
■メインの申し立て
 杉並区は工事着工・工事に関する支出を行なってはならない。
■予備的な申し立て
 杉並区は、向井公園の申し立て時期以降の利用、運営、維持管理などに関して誠実な協議などの話し合いが終了するまで工事着工・工事に関する支出をしてはならない。

訴訟中でも工事を強行

 申し立てを行なった住民は、地域住民や子どもたちの拠点となっている公園の存続を求めており、杉並区が誠実かつ十分な協議などの話し合いもなく性急に公園閉鎖工事を強行しようとすることに対し、工事の差し止めを求めています。
 一方、杉並区は訴訟中であるのにも関わらず、工事を強行しており、公園設備の撤去と樹木の伐採が着々と進められています。
 住民は保育所整備そのものに反対をしているわけではなく、近隣用地を使用した代替案も示しています。それらの提案にも耳を貸すことなく、公園廃止を強行する区の姿勢は異常です。

区議団ニュースで問題を告発

 今回の待機児童解消緊急対策について区議団ニュースで問題点をお伝えしています。新聞折り込み、各戸ポスティング、ホームページなどからご覧ください。
区議団ニュース公園保育園1.jpg











区議団ニュース公園保育園2.jpg












山田耕平 (2016年8月22日 23:31) | コメント(0) | トラックバック(0)
 日本共産党杉並区議団は毎年7・8月にかけて杉並区内の各団体との懇談会を行なっています。団体や各分野から杉並区政への要望や問題点を聞き取り、今後の議会活動に反映します。
 お寄せ頂いた陳情や要望は、次年度の予算要望にも活かします。

■懇談にご協力頂ける際はお気軽にご連絡ください。
日本共産党杉並区議団幹事長
山田耕平 090‐9973‐0941
山田耕平 (2016年8月21日 22:41) | コメント(0) | トラックバック(0)
 今年の夏は妻の実家・伊豆大島に帰省しました。伊豆大島は2013年10月に発生した土砂災害により甚大な被害を受けましたが、3年弱が経過し、着実に復興が進んでいました。
 妻の実家では、魚も野菜もほぼ自給自足。裏の畑の収穫物と海で釣った魚が食卓に並びます。そのため、焼き魚と刺身を食べるために、釣り三昧の日々を過ごしました。
 私も大の釣り好きですので、夢のような日々...。そのような生活をするため、子ども達も自然と魚好きになり「肉より魚」となります。健康的です!
イサキ大漁.jpg





今回はイサキが大漁でした!


山田耕平 (2016年8月20日 23:35) | コメント(0) | トラックバック(0)
公園転用による保育所整備計画 住民無視で公園撤去工事を強行
 地域・子どもたちの拠点 一方的に失われる事態に...
 ※撤去工事が開始されている下井草・向井公園の周辺
 田中区政の暴走を止めるため多くの市民が共同し力の結集を
杉並区の公園転用による保育園整備 矛盾だらけの計画 あまりにも粗末な代替地...
 計画が二転三転、見通しの甘さを露呈...
 保育所用地として購入した場所 保育室整備を止めて公園代替地に
 あまりにも粗末な代替地...
杉並区内団体と懇談会を実施中 陳情・要望は区政に届けます
地域のお祭りで戦隊ショー(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース243_01.jpg











週刊山田ニュース243_02.jpg












山田耕平 (2016年8月19日 23:27) | コメント(0) | トラックバック(0)
計画が二転三転、見通しの甘さを露呈...

 杉並区が進める「待機児童解消緊急対策」は、各地で様々な矛盾を広げています。区の計画の進め方の問題点に加え、既存計画と緊急対策との矛盾点も噴出しています。杉並区の待機児童数の見通しの甘さと強引な計画の進め方が根本的な原因です。

保育所用地として購入した場所 保育室整備を止めて公園代替地に

 今年の2月に行なわれた保健福祉委員会では、今計画で転用される向井公園の隣接用地(写真上・605㎡)を「区保育室整備用地として取得し、平成29年4月に開設する」との報告が行なわれていました。その際、定員規模は60名程度で園庭の代わりとして隣接する向井公園を活用することも示されています。
 しかし、その計画が一転、向井公園そのものを廃止し保育所に転用、購入した用地は公園の代替用地とする方針に変更しました。
 この間、近隣住民は当初計画通り、公園に隣接した用地に保育所を整備し向井公園を存続して欲しいと要望していました。しかし、区は住民の要望を一切聞き入れず、公園の転用に固執、購入した用地は公園の代替用地とするとしています。
向井公園隣接用地.jpg




区が取得した向井公園隣接の用地(605㎡)。保育所整備用地として十分な大きさとなっている。

向井公園隣接用地の日よけ.jpg




日除けも設置されているが、あまりにも粗末なもの。


あまりにも粗末な代替地...

 区が示す公園の代替用地については、あまりにも粗末な内容に怒りの声が広がっています。
 遊具は全く無く、日除けもあまりにも簡易的なものです。日中も代替用地で遊ぶ子ども達もいない状況となっています。
 既に存在している公園をわざわざ廃止し、設備もろくに整わない代替地を公園の代わりに使用するなど計画そのものが矛盾しています。


山田耕平 (2016年8月18日 22:02) | コメント(0) | トラックバック(0)
地域・子どもたちの拠点 一方的に失われる事態に...

 杉並区の区立公園等を廃止・縮小し、保育所用地として転用する「待機児童解消緊急対策」が住民不在のまま強行されています。
 8月より各公園の撤去工事が開始されており、貴重な樹木が伐採され、子ども達に利用されていた遊具が次々と撤去されています。
 近隣住民や公園を利用していた子どもたちから、怒りと悲しみの声が広がっています。
 工事が強行された8月1日には子ども達が公園に集まり「公園を無くさないで。工事を止めて!」と声を上げました。公園の様子はマスコミにも取材されています。
 下井草地域の向井公園周辺では、近隣住民が公園存続を求める多くの横断幕を掲げ、子ども達が描いた公園存続を求めるポスターも貼り出されています。
向井公園撤去工事1.jpg



公園存続を求める多数の声が寄せられていた下井草・向井公園(左)久我山・東原公園(左下)。樹木の伐採と遊具の撤去が急ピッチで進められている。


東原公園撤去工事1.jpg







※撤去工事が開始されている下井草・向井公園の周辺

 多くの住民や子ども達の願いが書かれたポスターが貼り出されるなか、工事は強行されている。
向井公園近隣横断幕.jpg

住民からは工事の差し止めを求める申立が行なわれているが、工事を強行。



向井公園近隣ポスター.jpg



子ども達が描いたポスターの一部。


田中区政の暴走を止めるため多くの市民が共同し力の結集を

 田中区政の暴走政治が様々な地域・分野に深刻な影響を与えています。今回の公園転用保育園問題だけでなく、既に南伊豆健康学園や科学館など杉並区が全国に誇る教育施設の廃止、あんさんぶる荻窪の廃止等が強行されています。
 区立施設利用の際の利用料は大幅に引き上げられ、住民サービスも大きく後退しています。
 さらに今後は、高円寺地域などで進められる学校統廃合、児童館やゆうゆう館の廃止、学校内併設の「ふれあいの家(高齢者在宅サービスセンター)」の廃止なども検討されています。
 これ以上の暴走政治を止めるため、それぞれの市民、団体が共同することが必要です。

山田耕平 (2016年8月 8日 22:33) | コメント(0) | トラックバック(0)
 地域の商店街が主催するお祭りで「戦隊ショー」が開催されるとのことで、ご挨拶も兼ねて家族で参加してきました。初めて見る「戦隊ショー」に息子は大興奮、私もプロレス研究会の血が騒ぎました。観客を楽しませるという点でプロレスも戦隊も同じですが、ショーの完成度は非常に高く感心しました。
 商店会役員の方の話では毎回のイベントも大変な苦労があるとのこと。地域のために頑張るみなさんに感謝感謝です。
 久々に家族で一息つくことができました。
下井草ヒーローショー.jpg




大絶叫でヒーローを応援中


山田耕平 (2016年8月 4日 23:03) | コメント(0) | トラックバック(0)
東京都知事選挙「都民の声を聞く」「四つのよし」を訴えて 鳥越俊太郎氏健闘 公約実現に全力!
 野党と市民の共闘が発展
 都政の刷新、国政の転換に向けて
国民平和大行進 核兵器のない世界の実現を
「子どもたちの公園を守ってほしい!」公園の保育所転用 住民の切実な声が溢れる
 公園の代替地も未整備で撤去工事開始
 重大問題となっている計画は見直しを
 田中区長 異常な暴走
 ■住民説明会には一度も顔を出さず...
 ■住民提案に聞く耳もたず...一方的に「ご理解頂いた」
 ■ビーチバレーコートに異常な執着、しかし・・・世論に押され一部計画見直し 60名程度の認可保育所を整備
 ※保育所整備の概要
強情な性格は誰譲りか?(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース242_01.jpg











週刊山田ニュース242_02.jpg












山田耕平 (2016年8月 4日 22:00) | コメント(0) | トラックバック(0)
 娘は間もなく3歳です。言葉も日に日に増え、性格的な特徴も目立ってきました。慎重派で比較的のんびりしている息子に対し、娘は大胆で強情、"決して引かない"という意思表示もはっきりしています。
 完全に妻譲りの性格です(こんなことを書くと叱られそうですが...)。
 一度、へそを曲げると頑なに動かなくなりますので注意が必要で、「頑固モード」に入った時は説得に多大な労力と時間を必要とします(苦笑)。
頑固モード.jpg











頑固モード突入中。ここからが長い...。


山田耕平 (2016年8月 2日 22:55) | コメント(0) | トラックバック(0)
公園の代替地も未整備で撤去工事開始

 8月1日より、杉並区内で保育所に転用される区立公園の撤去工事が開始されました。日頃から、住民や子どもたちの利用頻度の高い下井草・向井公園、久我山・東原公園は、住民説明会でも計画見直しを求める声が相次いでいます。
 杉並区は住民の声を聞くことなく計画を強行。住民説明会も途中で打ち切り、撤去工事に着手しています。
 廃止される公園の一部では代替用地も示されましたが、暫定的な設置である場所も多く、用地内に設置される施設も極めて不十分な内容です。多くの住民から怒りの声が広がっています。
東原公園住民説明会1.jpg



住民説明会では公園を利用する子どもたちが次々と「僕たちの公園をつぶさないでほしい」と訴えた。区は「ご理解してほしい」と回答した...。


東原公園住民説明会2.jpg




住民説明会には多くのマスコミが取材にくるなど、社会的に大きな問題となっている。

田中区長 異常な暴走

■住民説明会には一度も顔を出さず...
 区長は、テレビ出演した際、「土下座してでも進めさせて頂く」などと発言。一方、住民説明会には一度も顔を出さず、自らの口で区民への説明責任を果たしていません。さらに、住民説明会には自身の秘書だけを出席させ、熱心にメモを取らせるなど、自治体の首長の姿勢として、あまりにも姑息です。

■住民提案に聞く耳もたず...一方的に「ご理解頂いた」
 区長は住民からの提案(公園ではなく、他の代替用地を利用し保育所整備を要望)に対し、一切聞く姿勢がありません。
 さらに、区長は個別に特定地域の公園近隣住民と懇談した際には、話し合いは平行線であったのにも関わらず、一方的に「ご理解頂いた」とマスコミに発表。住民の怒りの声が広がっています。

■ビーチバレーコートに異常な執着、しかし・・・世論に押され一部計画見直し 60名程度の認可保育所を整備
 区長は緊急事態宣言を出し、公園の保育所転用を進める一方、永福南小学校跡地に国際基準のビーチバレーコートを整備することに異常な執着をしています。
 世論に押され、用地の一部に60名程度の認可保育所を整備すると一部方針を見直しましたが、不要不急なビーチバレーコートの整備そのものを見直せば、さらに大規模な認可保育所整備が可能です。

※保育所整備の概要
整備手法:用地貸付、民設民営で整備
保育施設:定員60名程度 平成31年開設予定

重大問題となっている計画は見直しを

 緊急対策において、区の計画の進め方等により、一部地域で問題が深刻化しています。住民との合意形成が困難な地域では計画を凍結し、修正・見直した上で、再検討することが必要です。特に公園用地の転用は、利用する子どもの利益や権利保障の観点から計画を慎重に検討するべきです。

山田耕平 (2016年8月 1日 22:38) | コメント(0) | トラックバック(0)
野党と市民の共闘が発展

 7月31日に投開票された東京都知事選挙で日本共産党など野党四党と市民が共同で支援した鳥越俊太郎氏は大健闘しましたが、奮闘及ばず3位となりました。当選は小池百合子氏でした。
 ご支援いただいた都民のみなさん、野党と市民の共闘に力を尽くされた全てのみなさんに心からの敬意を表します。
 今回の選挙戦は野党と市民の共闘が国政政策だけではなく、地方行政にも発展し、政策的な一致点が豊かに広がりました。このような協力関係は今後の市町村段階での住民要求の実現に大きな意味を持つものです。
鳥越都知事選.jpg





荻窪駅北口で街頭演説をする鳥越俊太郎都知事候補。

都知事選共闘.jpg



衆議院東京八区・杉並から立候補を予定している原田あきら氏(共産・写真左)と吉田はるみ氏(民進・写真右)が共に鳥越支援のために共闘した。

都政の刷新、国政の転換に向けて

 今回の都知事選挙は準備期間が大変短く、様々な課題もありました。
 今回の選挙戦の教訓を必ず次回に活かし、都政の刷新、国政の転換に向け、力を尽くします。
 日本共産党は今後も多くの市民、政党と力を合わせ、選挙戦で掲げた公約、政策を実現するために頑張ります。

2016東京都知事選挙の結果

 

東京

 

 

杉並

 

 

得票

 

得票

小池百合子

2912628

44.49

 

122484

43.12

増田寛也

1793453

27.40

 

73182

25.76

鳥越俊太郎

1346103

20.56

 

63298

22.28

その他

494178

7.55

 

25090

8.83

合計

6546362

100

 

284054

100

 

 

 

 

 

 

投票率

59.73

 

 

60.87

 


山田耕平