HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

2015年6月アーカイブ

山田耕平 (2015年6月26日 21:48) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区議会17名の議員が賛同 超党派で共同 違憲立法を廃案へ!
 党派を超え共同行動 JR駅頭での宣伝開始
 違憲立法を廃案に追い込むまで
 ※違憲立法に反対する杉並区議会議員有志17名
局地的な集中豪雨への水害対策がさらに前進! 善福寺川・井荻公園付近の水害対策が実現
 武蔵野市からの流入・接続部の改善へ
 水害現場の実態 議会で取り上げ続け
 平成29年度末の完成を予定
親子で多摩動物公園、まるで訓練に!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース198_01.jpg











週刊山田ニュース198_02.jpg












山田耕平 (2015年6月25日 12:40) | コメント(0) | トラックバック(0)
武蔵野市からの流入・接続部の改善へ

 杉並区内の水害多発地域(西荻北4丁目・井荻公園周辺)に対して、下水道整備による水害対策が行なわれることが決定しました。
 当該地域は、武蔵野市側(高所)から都下水道が接続・流入しており、集中豪雨の際には杉並区側(低所)に大量の雨水が流れ込み、冠水被害が発生する状況です。
 今回の整備計画は、現在流入が集中している幹線への下水を、増補管渠を整備し、流下能力に余裕のある他の都下水幹線に振り分ける工事を行ない、下水道流量を調整し、水害対策とするものです。
井荻公園水害対策.jpg




武蔵野市の資料


水害現場の実態 議会で取り上げ続け

 杉並区内での水害対策工事となりますが、実施主体は武蔵野市となるため、杉並区と事前調整のもとで進められます。
 この場所については、水害現場に立ち会うことも多く、被害実態を議会で何度も取り上げ、都下水道局にも対策を求めてきました。
井荻公園水害被害.jpg


2014年6・7月の集中豪雨により冠水被害が多発した。地下水への雨水流入被害も発生し、私も所属する荻窪消防団第三分団が出動


平成29年度末の完成を予定

 新たな管渠を整備し、下水流入量を振り分ける大規模な工事となるため、完成予定は平成29年度末となります。
 工事期間中も集中豪雨が多発する可能性があるため、引き続き、各種緊急対策を求めます。

今回の下水道整備の詳細、武蔵野市資料等については、お気軽にお問い合わせください。
杉並区議会議員 山田耕平
TEL:090-9973-0941
アドレス:k-yamada@suginami-kugikai.jp

山田耕平 (2015年6月24日 12:46) | コメント(0) | トラックバック(0)
 区議会議員の仕事(特に総会等への出席や来賓対応)は土日に集中することが多く、土日はほとんど休むことが出来ません。そのため、休日に家族と過ごすことは、ほとんど出来ない状況です。
 平日を調整して休暇を頂き、子どもを遊びに連れ出していますが、平日は当然、妻は仕事なわけで、父・子だけで過ごします。
 先日、多摩動物公園に行ったのですが、坂の多い地形を甘く見ていました。娘を抱っこ(12㌔)、疲れた息子を肩車(18㌔)合計30㌔を背負いながら、延々、坂道を上り下り...。
 まるで消防団の操法訓練です。
 学生時代からプロレス研究会で足腰を鍛えているので、問題なく歩くことはできましたが、翌日は筋肉痛に悩まされました(苦笑)。身体を鍛え直す必要がありますね。
多摩動物園.jpg









山田耕平 (2015年6月23日 12:29) | コメント(0) | トラックバック(0)
党派を超え共同行動 JR駅頭での宣伝開始

 6月21日(日)、杉並区議会17名の超党派議員により「違憲立法の廃案」を求める宣伝行動が行なわれました。初回の宣伝は、JR荻窪駅・阿佐ヶ谷駅で取り組まれ、各議員がそれぞれの立場で違憲立法の廃案を訴えました。
 国会では憲法に違反する戦争法案の強行成立が狙われています。
 〝戦争する国づくり〟が進むなか、杉並区議会第二回定例会の最終日、党派・会派を超えた17名の杉並区議会議員が「違憲立法廃案」の一致点で共同行動を開始することを確認、区内各駅頭に議員が集結し、宣伝に取り組むことが決まりました。
超党派荻窪宣伝.jpg



JR荻窪駅の宣伝の様子。写真は、左から市来ともこ議員(社民)、山本あけみ議員(民主)、原田あきら議員(共産)、上保まさたけ議員(共産)、山田耕平議員(共産)、奥田雅子議員(ネット)、くすやま美紀議員(共産)、新城せつこ議員(無区)。


超党派宣伝シール投票1.jpg
宣伝では、法案への賛否を問うシール投票も実施。
「反対」が多数を占めた。
■シール投票結果
「反対」   129票
「賛成」     8票
「わからない」 20票

違憲立法に反対する杉並区議会議員有志17名

・市来とも子   (社民)「平和」     ・新城せつこ   (無区)「平和」
・太田哲二    (民主)「未来」     ・そね文子    (ネット)「平和」
・奥田雅子    (ネット)「平和」     ・富田たく     (共産)「共産」
・金子けんたろう (共産)「共産」    ・原田あきら    (共産)「共産」
・河津理恵子   (民主)「未来」    ・増田裕一     (民主)「未来」
・川野たかあき  (緑の党)「平和」   ・松尾ゆり     (無所属)「杉わ」
・くすやま美紀  (共産)「共産」     ・山田耕平    (共産)「共産」
・けしば誠一   (無区)「平和」     ・山本あけみ   (民主)「未来」
・上保まさたけ  (共産)「共産」
五十音順()は所属・推薦政党等、「」は所属会派

違憲立法を廃案に追い込むまで

 超党派議員による共同行動は違憲立法を廃案に追い込むまで続けられます。
 今後、宣伝だけでなく、共同イベントの開催や17名の議員連名のチラシの全戸ポスティングなども検討しています。

※超党派議員団の共同声明

山田耕平 (2015年6月18日 11:06) | コメント(0) | トラックバック(0)
党区議団の議会論戦で衝撃の実態が明らかに...マンション複数居室を使い認可園整備
 マンションの複数居室を使用 運営上の問題も明らかに...
 議会への情報提供も無く 手続き上も重大な問題
 ※整備計画の詳細
保健福祉委員会の質疑後、状況が一変...問題のある認可保育所整備計画見直しへ
 運営上の問題等により整備計画が見直しに
 認可移行は行政の積極的関与、丁寧な支援が必要不可欠
 保護者への丁寧な対応を
今年、中学校教科書採択の年※8月31日までに採択
 歴史、事実を歪める教科書は子どもたちに渡さない
 ※歴史の事実を歪め、憲法を敵視する育鵬者・自由者の教科書
パパごはんが好調!!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース197_01.jpg











週刊山田ニュース197_02.jpg












山田耕平 (2015年6月16日 22:50) | コメント(0) | トラックバック(0)
運営上の問題等により整備計画が見直しに

 マンション内の複数居室を使用した認可保育所整備計画について、保健福祉委員会での質疑後、事態が大きく動きました。急遽、整備計画が見直され、2015年8月からの認可保育園化方針は撤回されることとなりました。
 委員会後、杉並区と運営事業者との協議の結果、アレルギー対応、障害児受け入れ、避難計画等々、様々な課題も明らかとなり、認可保育園としての運営に不充分な点があるため、認可保育園としての運営ではなく、区保育室としての運営に転換する方針が示されました。
入園募集中断.jpg


入園募集も一時中断となっている(区ホームページより)。


認可移行は行政の積極的関与、丁寧な支援が必要不可欠

 認可外保育施設に対し、認可保育園への移行支援を進めることは重要です。
 しかし、「保育の質」を確保した保育環境を整備するために、行政の積極的な関わりと丁寧な支援が求められます。
 今回の事例のように、早期に保育定員数を増やすために、保育環境が整わない状態で、計画を強行することは許されません。子どもたちの「命と安全」を守ることを最優先にするべきです。

保護者への丁寧な対応を

 既に入園募集を開始している整備計画の方針が見直しとなったことにより、保護者に混乱が広がることのないよう行政からの適切な情報提供と丁寧な対応が必要です。
 引き続き、今後の動向を注視します。

山田耕平 (2015年6月15日 21:44) | コメント(0) | トラックバック(0)
マンションの複数居室を使用 運営上の問題も明らかに...

 第二回区議会定例会の保健福祉委員会において、党区議団の質疑により、前例のない認可保育所整備計画が明らかとなりました。
 この整備計画は、井草地域のマンション内でベビーホテルを運営する事業者が、同マンションの複数居室を使用し、認可保育所に移行するというもので、このような整備手法は区内でも前例がありません。
 直接の現地調査では、マンション内は101号・102号・105号(104号は無し)と居室が分離し、103号室には別事業者が入居しています。
 居室が分離しているため、認可保育所としての一体的運営が困難です。
 また、それぞれの居室は不特定多数の人間が出入りする外部空間と繋がっています。そのため、職員の出入りの際などには外部からの接触も容易となり、セキュリティ上も重大な問題があります。
井草マンション内認可保育所.jpg




一般のマンション内に整備される


井草マンション内認可保育所2.jpg








不特定多数の人間が出入りできる構造


議会への情報提供も無く 手続き上も重大な問題

 さらに、同計画は議会に事前報告されることもないまま、2015年8月には運営開始予定という方針が示され、入園募集が始まっていました。
 質疑では、所管課長が整備内容の詳細を把握しておらず、答弁に詰まる場面もありました。
 様々な問題点を指摘し、計画の見直しを求めたところ〝今後、居室が離れていることを認めるかについては、基本的にはそうならない施設整備に向け事業者と協議する〟ことを示しつつも、「認可化に問題がないということで都とも進めてきた経過がある」「認可権限はあくまで東京都にある」などと、計画を強行する姿勢を示しました。
 子どもたちの命を預かる保育施設が、まともな環境整備も行なわれないまま開園手続きが進められることは重大な問題です。

整備計画の詳細
■定員 28名
(0歳3名、1~5歳各5名)
■所在地
杉並区井草1
マンション内101、102、105号を使用
■開設予定
平成27年8月を予定
(※平成27年6月1日時点での情報提供)
■運営形態
既存ベビーホテルから認可保育園への移行

山田耕平 (2015年6月14日 21:58) | コメント(0) | トラックバック(0)
歴史、事実を歪める教科書は子どもたちに渡さない

 今年は4年に1度の中学校教科書採択の年です。
 杉並区は前山田区長時代に、歴史を歪め、日本国憲法を敵視し「戦争する国」を肯定する歴史教科書を採択した過去がある自治体です。
 その過ちを二度と繰り返さないことが求められます。現在、区内の図書館などに一定期間、教科書の展示会場を設置し、アンケートにより区民意見を募集しています。ぜひ、閲覧に行き、意見をお寄せください。

※歴史の事実を歪め、憲法を敵視する育鵬者・自由者の教科書
 特定の思想を子どもたちに押し付けようとする内容です。"国民の人権に制限がある"ような記述や"日本が行なった侵略戦争を「正義の戦争」である"かのように記述しています。
 戦後の国際秩序を否定する重大な問題です。

山田耕平 (2015年6月12日 23:01) | コメント(0) | トラックバック(0)
 先日の報告に引き続き、パパごはんが好調です。子どもたちが喜んでモリモリと食べるので、張り合いがあります。最近は便利な世の中になったもので、携帯電話(スマホ)から手元にある食材でレシピ検索をすると、手頃な料理を一発で調べることができます。
 区議団では、原田区議が私と同じようにパパごはんに励んでいるようですが、こちらは毎晩料理をしているようです(すごっ!)。
 私も負けずに、これからも料理のレパートリーを増やし続けます!
肉茄子つけ汁冷やしうどん.jpg









今週、一番好評だった「肉茄子の付け汁冷やしうどん」。


エプロン装着中.jpg







エプロンを付けて準備万端。
水中眼鏡は不要な気が...笑。


山田耕平 (2015年6月10日 16:01) | コメント(0) | トラックバック(0)
区立施設再編整備計画の見直しを求める住民の声に答弁拒否...異常な区政運営
 住民無視の姿勢が明らかに...住民・議会軽視の区政の転換を
 区の姿勢に道理無し 議論を尽くすべき
 ■区立施設再編整備計画等への改選後議員の賛否 「NOWAR杉並」アンケートより抜粋
戦争法案反対の署名運動に全力 戦争法案反対の一致点で共同行動を!
 戦争する国ストップ 戦争法案は廃案を
 ストップ戦争法案 安倍やめろ!!デモ!中野・杉並
「戦争法案」区長の姿勢が問われる
 ■未だに「国の動向を注視」...不充分な姿勢
 ■田中区長の答弁が著しく後退...
パパごはんが好評(泣)(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース196_01.jpg











週刊山田ニュース196_02.jpg












山田耕平 (2015年6月 9日 21:55) | コメント(0) | トラックバック(0)
 6月7日(日)杉並区~中野区間で「戦争法案反対」のデモ行動が行なわれました。NOWAR杉並/なかの向上委員会が主催しました。
 好天に恵まれ、300人を超える参加者で「戦争法案反対」を訴えました。
 私も子どもと共に参加し、子どもたちの未来を守ろうと声を上げました!
 今、日本全国で戦争法案反対の共同行動が広がっています。安倍政権の暴走を世論で包囲することが必要です。
NOWARパレード肩車.jpg



子どもと共に元気よく声をあげました!



山田耕平 (2015年6月 8日 22:45) | コメント(0) | トラックバック(0)
住民無視の姿勢が明らかに...住民・議会軽視の区政の転換を

 杉並区議会第二回定例会の一般質問において、党区議団の質問に対し、区長側が答弁拒否を行なうという重大問題が発生しました。
 質問では、区立施設再編整備計画に関する説明会で〝住民の質問に対し、区がまともな対応を行なわない〟ことを指摘し、住民の声を取り上げ、説明責任を果たすよう求めました。
 しかし、区は「説明会での発言者ではない議員に対して、議会の場で答弁することは不適切」という意味不明の答弁を行ない、事実上の答弁拒否。十二項目の質問のうち、十項目に応えませんでした。住民の声を無視し、議会を軽視する重大な暴挙です。区の姿勢に傍聴者から怒りの声が広がりました。

区の姿勢に道理無し 議論を尽くすべき

 そもそも議会は二元代表制の一角として、首長の行政運営を監視する責務があります。また、区民の声を代弁することも重要な役割です。住民の声を取り上げた議員の質問に、行政が答弁もしないということは全く道理がありません。
 区立施設再編整備計画については、議会内で様々な立場の議員がおり(下表参照)、活発な議論が尽くされるべきです。
 民主主義の手続きすら蔑ろにする杉並区政の転換を求め、全力を尽くします。

■区立施設再編整備計画等への改選後議員の賛否 「NOWAR杉並」アンケートより抜粋
※アンケート項目の詳細はNOWAR杉並ホームページを参照

候補者氏名

党派

賛否

候補者氏名

党派

賛否

大和田 伸

自民

 

吉田 あい

自民

脇坂 たつや

自民

 

山本 あけみ

民主

原田 あきら

共産党

×

川原口 ひろゆき

公明

くすやま 美紀

共産党

×

とみもと 卓

自民

富田 たく

共産党

×

おおつき 城一

公明

市来 とも子

社民

井口 かづ子

自民

山田 耕平

共産党

×

大熊 昌巳

自民

けしば 誠一

無所属

×

今井 ひろし

自民

浅井 くにお

自民

岩田 いくま

無所属

未回答

奥田 雅子

ネット

中村 やすひろ

公明

新城 せつこ

無所属

×

山本 ひろこ

公明

太田 哲二

民主

北 あきのり

公明

上保 まさたけ

共産党

×

小泉 やすお

自民

松尾 ゆり

無所属

×

川野 たかあき

無所属

×

金子 けんたろう

共産

×

はなし 俊郎

自民

 

回答をしなかった議員
そね文子(ネット)、堀部やすし(無所属)、小林ゆみ(無所属)、木梨もりよし(無所属)、横山えみ(公明)、藤本なおや(自民)、島田としみつ(公明)、井原太一(自民)、佐々木浩(無所属)、渡辺ふじお(公明)、松浦芳子(無所属)、大泉やすまさ(自民)、木村ようこ(維新)、増田裕一(民主)、安斉あきら(無所属)、田中ゆうたろう(無所属)、上野エリカ(無所属)、河津りえ子(民主)

※設問は、「賛成」「反対」の選択肢より回答。当選者のみ抽出(候補者の順番は当選順)。
●賛成  18名
●反対  10名
●保留   1名
●未回答  1名 未回答は「アンケートの趣旨に賛同せず」との理由。
○無回答 18名
無回答の18名については、住民の代表として議席を預かる立場として「アンケートに回答もしない」という対応は、議員の姿勢が厳しくが問われることです

山田耕平 (2015年6月 6日 22:51) | コメント(0) | トラックバック(0)
戦争する国ストップ 戦争法案は廃案を

 安倍政権は戦争する国づくりに向けた暴走を加速し、安保法制が国会に提出されました。現在、審議が行なわれています。各種世論調査では、戦争法案に反対の声が過半数を超えている状況ですが、安倍政権は国民の声を聞こうともせず、今国会中に同法案を強行成立させようとしており、極めて深刻な事態です。
 日本共産党は、安保法制=戦争法案の廃案に向けて、戦争法案反対の一致点で共同を強めます。また、現在、署名運動(週刊ニュース194号に詳細)も行なっています。ぜひ、みなさんのご協力をお願いします。
戦争法案区議団合同宣伝.jpg




日本共産党杉並区議団合同で宣伝行動を行なっており、区内主要駅を回っています。



山田耕平 (2015年6月 5日 13:14) | コメント(0) | トラックバック(0)
杉並区議会の会派構成が決定 住民の声が届く新生議会に転換を!
 一点共闘を重視した議会活動へ
 ※杉並区議会 会派別議員氏名一覧(2015年5月現在)
2015年4月の杉並区保育所入所待機児童数(区定義)が確定 依然として待機児童を解消出来ず...
 さらなる認可保育所の増設が急務 1600名以上が入園出来ず...
 待機児童数定義の問題点について
我が家のベランダにコクワガタが飛来 善福寺の自然環境にビックリ!!(山田耕平・育メン日誌)

ニュースページはコチラ
週刊山田ニュース195_01.jpg











週刊山田ニュース195_02.jpg












山田耕平 (2015年6月 4日 21:58) | コメント(0) | トラックバック(0)
 最近、妻(保育士)の仕事がキツイです。職場の正規職員の割合が減り、正規職員にかかる負担が重くなっているようです。
 妻の帰宅が遅い時には、私がご飯を作り子どもに食べさせます。正直、料理のレパートリーもあまり無いため、本当に大変です(苦笑)。
 しかし、苦労して作ったご飯を子どもたちが「おいしい」と食べてくれると本当に幸せです(泣)。
 多分、味付けが濃いからだと思いますが(改善が必要)、結構好評です。
 これからも研鑽に励みます!
ぱぱごはんメカジキ照り焼き.jpg







私が作ったメカジキの照り焼き


食べ過ぎたおなか.jpg








たらふく食べたお腹...食べ過ぎです



山田耕平 (2015年6月 3日 21:56) | コメント(0) | トラックバック(0)
■未だに「国の動向を注視」...不充分な姿勢

 今議会における「戦争する国づくり」についての質問に対し、区の答弁は、いずれも「国の動向を注視する」という不充分なものでした。
 国会では、衆院憲法審査会で憲法学者3氏がそろって、集団的自衛権を可能にする戦争法案については「憲法違反」との認識を示しています。自治体の首長には憲法尊重擁護の義務があり、同法案に対する踏み込んだ姿勢が求められます。

■田中区長の答弁が著しく後退...

 かつて、秘密保護法の採決直前、田中区長は自身の答弁で安倍政権の姿勢に対し「法案が国民の多くの方に理解をされ賛同されるよう努力すべき」「政府内で十分に議論され尽くしているのか、少々疑問」「各種メディアも問題点を指摘するなど、多くの国民の方々も不安に感じている」「国はしっかりと議論を重ねまして、国民から理解が得られるよう慎重に進めていくべき」などと意見を述べていました。
 しかし、この間、答弁が著しく後退しています。多くの世論調査で国民の理解を得ているとは言い難い状況であるのにも関わらず、戦争法案を注視する姿勢に留めることは問題です。

山田耕平 (2015年6月 1日 21:09) | コメント(0) | トラックバック(0)
 先日、我が家のベランダにコクワガタが飛来しました!東京23区なのに...。さすが、善福寺の自然環境です。子どもは大喜びで早速、捕獲(哀れなクワガタなり...)。毎日、とても大事に育てています。子どもにとっては、とても良いプレゼントになりました!
善福寺のコクワガタ.jpg






我が家に飛来してくれたコクワガタ


クワガタポーズ.jpg








最近、息子がはまっているクワガタのポーズ



山田耕平