HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

日本共産党杉並区議団は反対 国民健康保険料 来年度も値上げ
| コメント(0) | トラックバック(0)
過去5年間で金額・率とも最高の値上げ幅

 来年度の国民健康保険料を一人あたり平均7252円値上げ(23区平均)する議案が提案されました。
 国民健康保険料は、毎年値上げされており、今回は過去5年間で金額・率とも最高の値上げ幅となります。
 今でさえ「国保料が高くて払えない」との声が多数寄せられており、これ以上の負担は限界です。
 党区議団は区民の切実な声を取り上げ、新年度の保険料値上げを中止し、区独自の負担軽減に取り組むよう求めました。しかし、区は区民の暮らしの実態に寄り添う姿勢を示さず、さらなる値上げを必要とする姿勢に終始しました。
 議案の採決では、党区議団と一部少数会派議員は反対しましたが、自民、公明、未来、平和、自無等の賛成多数で可決されました。

■2017年度東京23区の国保料モデルケース試算

年金受給者2人世帯(配偶者収入なし)

 

2016年度

2017年度

値上げ幅

年収100万円

27,720

29,700

1,980

年収200万円

87,936

93,821

5,885

年収300万円

222,936

237,621

14,685


給与所得者3人世帯(配偶者・子ども収入なし)

 

2016年度

2017年度

値上げ幅

年収200万円

189,912

202,727

12,815

年収300万円

279,792

298,437

18,645

年収400万円

345,504

368,219

22,715


■杉並区 一人あたり平均保険料の推移

 

 

値上げ幅

2013年度

106,509

 

2014年度

110,934

4,425

2015年度

114,164

3,230

2016年度

114,365

201

2017年度

122,404

8,039

※23区平均より若干高くなっている。           (単位は円)

広域化で大幅値上げか...

 国保は2018年度に市町村から都道府県に運営主体が移ります。これまで多くの自治体が国保料額を抑えるために一般会計からの繰り入れをしていますが、移行により繰り入れが無くなり、保険料の大幅引き上げが懸念されます。
 区民の命と健康を守るために、杉並区独自の国保料減免制度の拡充に全力をあげます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/924

コメントする

山田耕平