HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

利用者本位の区立施設へ 高過ぎる施設使用料 引き下げを!
| コメント(0) | トラックバック(0)
使用料の負担増により地域活動に重大な影響...

 杉並区議会第3回定例会決算特別委員会で党区議団は区立施設使用料の区民負担の実態を取り上げ、使用料の引き下げを求めました。
 施設使用料は、2014年から3年連続で値上げが行なわれ(下記)、利用者への影響は深刻です。区民意向調査では、区立施設の利用者から「上井草スポーツセンタープールで水中歩行の会を作り利用していたが、使用料が値上がり、高齢者の退会も続き閉会した(一部抜粋)」等の切実な声が寄せられています。
使用料の引き上げ.jpg



隣接区と比較しても高額

 杉並区の施設使用料は、隣接区と比較しても高く、3倍程度(下表)となっています。

■隣接区の施設使用料(同規模の会議室を比較)

場所

面積

午前

杉並区

阿佐谷地域区民センター

54.5

2200

世田谷区

弦巻区民センター

56

720

中野区

弥生区民活動センター

52.5

600


 杉並区では、施設使用料の原価(※)を100%使用料としていますが、隣接区では施設の種別ごとに公共性等に基づいて、負担率を定めており、負担が抑えられています。
 質疑では、隣接区の取り組み等を紹介し、使用料の減額を求めました。
 
※原価とは...
■人件費(直接的人件費):利用者に対して、直接サービスを提供する要員の人件費
■維持管理経費(経常的経費):施設の維持管理やサービスを提供するために必要な光熱水費、物品等の購入、業務の委託料、機器の借上げ等に要するもので経常的に支出する経費

区が改善の可能性を示す

 区は「そういったことも検討し、見直しを行なう」と答弁し、改善の可能性を示しました。
 引き続き、使用料の引き下げを求めていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/1022

コメントする

山田耕平