HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

杉並区議会第三回定例会で一般質問 介護保険制度・水害対策・外環道について質問
| コメント(0) | トラックバック(0)
 現在開会中の杉並区議会第三回定例会で一般質問しました。介護保険制度改定に伴う影響について、ゲリラ豪雨による水害対策について、外環道問題について、区の認識や問題点を質しました。

介護報酬の引き下げによる介護事業所の実態を告発

 この間の介護保険制度改悪が介護現場に重大な影響を与えており、特に介護報酬引き下げの影響は深刻です。質問では、区内の特養ホーム運営事業者が報酬引き下げにより事業運営に支障をきたし、利用者の食費・居住費等を引き上げている事態が発生していることを告発。区独自の処遇改善を拡充することと、世田谷区で実施されている介護事業者への実態調査を実施し、介護現場の状況を把握するよう求めました。
 杉並区は、値上げ等の実態は把握しておらず、介護現場の実態把握には消極的な姿勢を示しました。
 処遇改善については、必要に応じた対策を検討することを約束しました。
 介護サービスの質を確保するためには、自治体の積極的な関与が求められており、介護現場の実態把握が必要不可欠です。
世田谷区調査.jpg





平成28年度世田谷区介護保険実態調査報告書 〈事業者編〉より。「労働環境改善のために必要だと思う取り組み」への回答。世田谷区では、事業者への詳細な調査が行なわれている。


改悪の動向注視ではなく介護現場を守る姿勢を

 安倍政権が掲げる社会保障予算の「自然増削減」方針のもと、介護保険制度の連続改悪が強行されており、第七期介護保険事業計画(H30~32年度)においても介護保険料3割負担の導入や介護認定率の抑制、介護費用の抑制等、介護現場には重大な影響が及びます。
 質問では、法改悪の問題点を指摘しましたが、区は多くの問題で国の動向を注視する姿勢を示しました。基礎自治体として、介護現場を守る立場が極めて弱いことは問題です。

※水害対策は一歩前進!「被害状況に応じた取り組み実施」を約束

 8月19日(土)に発生した局地的な集中豪雨・ゲリラ豪雨による善福寺地域・久我山地域の浸水被害等への対策を求めました。
 区は、浸水被害多発地域への「被害状況に応じた取り組みを実施」することを約束しました。今後、速やかな対策を講じるよう求めます。
2017水害一般質問.jpg




善福寺1丁目地域で発生した浸水被害の様子をパネルで紹介。速やかな対策を求めました。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/984

コメントする

山田耕平