HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

杉並区議会第1回定例会・予算特別委員会で明らかに...家計負担 6年間で大幅増加!
| コメント(0) | トラックバック(0)
家計負担は極めて深刻

 2月10日から3月16日まで、杉並区議会第1回定例会が開催されました。
 予算特別委員会では、増加し続ける国民健康保険料が家計に大きな負担となっていることが明らかとなりました。保険料増額を抑えるため区予算からの繰り入れの拡大と、国の負担金の増額が求められます。
2016予算特別委員会2.jpg




予算特別委員会・保健福祉分野で質疑


保険料額だけでも6年間で15万円の増

 国保料は2011年に算定方式が改悪され、大幅な値上げが続いています。40歳夫婦子ども1人で年収400万円の世帯では、2010年度の国保料は約25万円弱でしたが、来年度(2018年度)では41万円弱まで値上がりし、6年間で15万円以上の負担増となります。
 家計の負担は国保料だけでなく、所得税、住民税、国民年金保険料、さらに2014年に増税された消費税も加わります。
 党区議団の試算では(下記表)、この世帯では6年間で32万円の負担増となり、年収の4分の1以上となる約117万円近くが税と社会保険料で消えてしまうことになります。多子世代はさらに厳しく、41万円もの負担増となっています。
2016税と保険料.jpg






区予算からの繰り入れ拡大を

 国保料の値上げは、算定方式の改悪も原因の一つですが、1984年から国の負担金が大幅に減額されたことが根本的な原因です。
 国保は医療分野の社会保障として国民皆保険の根幹となる制度です。加入世帯だけに負担増を押し付けるのではなく、国と地方自治体で支えることが重要です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/742

コメントする

山田耕平