HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

一般質問で問題を追及 子どもたちの大切な居場所 荻窪北児童館も廃止に 財産交換に固執...住民無視の区政転換を
| コメント(0) | トラックバック(0)
あんさんぶる荻窪廃止...手続き上も重大な問題 地元町会、住民から怒りの声が噴出

 7月17日、桃井第二小学校の改築に関する説明会が開催されました。
 地元町会や保護者からは「あんさんぶる荻窪の児童館は決してなくしてはならない」「建て替えにより、小学校の校庭が4年間もつかえなくなるのは問題ではないか」「財産交換の説明会を再三要望しているのに未だに開かないのは納得できない」など、計画に反対する声が噴出しました。
 計画の乱暴な進め方と町会や住民の意向を全く聞こうとしない区の姿勢は許されません。
 党区議団は財産交換方針撤回とあんさんぶる荻窪の存続を求めます。

あんさんぶる荻窪を巡る問題 この間の経緯について

杉並区は昨年、荻窪五丁目にある桃井第二小学校の改築計画を発表。
※財産交換計画により、あんさんぶる荻窪内の荻窪北児童館が廃止されることに伴い、学童クラブ等の機能を桃二小へ移転させる計画だったが、現状のままでは対応できないとして突如、提案した。
●計画では、2016年度校庭に仮設校舎を建設、2017年度から2年間の工事開始。新校舎は2019年4月開校予定。
●荻窪北児童館は2017年度で廃止。学童クラブ等の新校舎移設は2019年度となるため、2018年度の一年間は杉並保健所の4階で対応。
 
「支えあい共につくる」杉並区基本構想の精神にも逸脱...

 一般質問では、町会や住民の声を取り上げ、地域に大きな混乱を広げている現状を議会で告発しました。
 また、住民説明会の開催や住民との意見交換を拒み続ける区の姿勢の問題点を指摘し、計画の強行をやめるよう求めました。
 区の答弁は、自らの責任を自覚することもなく〝今後も手順を踏みながら進める〟などと計画の強行に固執する姿勢を示しました。
再質問では、杉並区自らが定めた杉並区基本構想においても「支えあい共につくる」と示されており、その精神に逸脱していると指摘したところ、まともに答弁することも出来ませんでした。
2015.9第三回定例会一般質問3.jpg




住民が施設周辺で貼り出しているポスター

当日の一般質問の動画は杉並区議会ホームページより閲覧可能です。区議会ホームページはコチラ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/639

コメントする

山田耕平