HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

宮前5丁目区有地 公有地を活用した特養ホーム整備に22法人もの応募!
| コメント(0) | トラックバック(0)
不足する特養ホーム整備に向けて、行政の積極的な姿勢が必要に

 宮前5丁目区有地を活用した特別養護老人ホームの運営事業者が決定しました。公募に対して、日本全国から22もの法人の応募があり、審査結果の最上位の法人が選定されました。
宮前5丁目区有地.jpg



宮前5丁目の計画用地


 現在、建設業の人手不足や2020年の東京五輪対応などにより、住宅や公共施設など建物の建設コストが上昇を続けています。過度の建設コストの高騰により、運営事業者の参入にも足枷がかかるケースも発生しています。そのため、保育所や特養ホーム等の施設整備計画にも遅れが手始めている自治体があり、深刻な事態となっています。
 そうした状況の中、杉並区の特養ホーム整備に22もの法人が応募してきたことは重要なことです。行政が用地確保に責任を持ち、事業採算点に見合う規模の用地を確保した場合は、事業者の参入を促進することが示されました。
 今後も特別養護老人ホーム等の施設整備は、区行政が用地確保や運営補助に積極的に取り組むことが求められます。

計画概要
法人名 :社会福祉法人 桐仁会
所在地 :東京都調布市下石原3-44-1
予定地 :杉並区宮前5丁目5番 約3630㎡
整備施設:ユニット型特別養護老人ホーム 定員78人
      併設ショートステイ 定員10人
建物構造:鉄筋コンクリート造 地上3階

今後のスケジュール(予定)
■2014年(H26年) 9月 住民説明会
■2015年(H27年)10月 着工
■2016年(H27年) 9月 竣工
■2016年(H27年)12月 開設

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/436

コメントする

山田耕平