HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

党区議団の再三の要望が実現 旧荻窪団地跡地・特養ホーム 事業計画が明らかに
| コメント(0) | トラックバック(0)
ようやく事業者が決定 定員90名規模

 荻窪3丁目の旧荻窪団地跡地に建設が計画されている特別養護老人ホームの運営事業者が決まり、住民説明会が開催されました。
 今回の計画は、2016年1月開設予定でしたが、最初に落札した事業者が辞退したため、再度の入札で今回の事業者が決定。当初計画より、約5カ月遅れでの開設となります。

事業計画
■建物概要
〇事業者:社会福祉法人 櫻灯会
〇主要用途:
 特別養護老人ホーム(ユニット型) 定員90名
 ショートステイ(ユニット型)      定員10名
 デイサービス(一般型)        定員30名/日
 居宅介護支援事業
〇敷地面積:約4,100㎡
■開設までのスケジュール
2015年3月 建築工事着工
2016年3月 建築工事竣工(工期:13カ月)
2016年6月 特別養護老人ホーム開設

荻窪団地跡地スペース.jpg





荻窪団地の跡地(更地部分)。広大な敷地であり、特養ホーム整備に活用される。


党区議団の要望が実る

 今計画は、党区議団が再三に亘る特養ホーム整備を要請していた場所でもあり、私も何度も議会で質疑を行ないました。
 事業計画に多少の遅れが出ましたが、今回の特養ホーム整備により、住民の切実な要求が実現しました。

公有地等の活用でさらなる増設を

 杉並区内の特養ホーム待機者は約二千人。その内、半数の約千人が緊急度の高いAランク待機者であり、特養ホームのさらなる増設は喫緊の課題です。
 引き続き、未利用の公有地などを積極的に取得し、テンポを早めて整備に取り組むよう求めます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/398

コメントする

山田耕平