HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

区議会第一回定例会で一般質問 保育待機児童問題大争点に! 認可保育所の増設を
| コメント(0) | トラックバック(0)
保護者の切実な訴えが世論を動かし始めた

 区議会第一回定例会で一般質問し、保育待機児童問題、認可保育所大幅増設について取り上げました。
 杉並区では、今年4月に認可保育園に入園できない保育待機児童が1800名を超えています。極めて深刻な状況で、多くの保護者が連日、区役所に詰めかけ、切実な声を上げています。
 杉並区内の保護者の実態や抗議行動は、連日マスコミが取り上げ始めており、保育待機児童問題への関心が高まっています。
 質問では、保護者の生の声を取り上げ、認可保育園の大幅増設と、4月入園の受け皿を区が責任を持って確保するよう求めました。
保育一般質問20131定.JPG



パネルを示して質問


区は保護者の声に応えよ

 質問に対する田中区長の答弁は、保護者の深刻な実態への認識が浅く、具体的な対策を示さない等、不充分な内容でした。
 しかし、その一方「状況に即した保育施設の整備をしっかり進める」と答弁。答弁の通り〝待機児童が深刻な状況となっている現状に即した〟施設整備を進めることが求められます。
 多くの保護者は、4月入園が出来なかった場合は、「職場を退職する」「実家に長期間、子どもだけを預ける」「一時保育を転々とする」など、悲惨な状況に置かれます。引き続き、緊急対策を要請します。
保育質問傍聴.JPG


傍聴には、大勢の保護者も駆け付けてくれました


※質問が東京新聞に掲載

 杉並区の待機児童問題については、連日メディアが大きく取り上げています。党区議団にも取材が相次いでいます。
 私の質問も「東京新聞2月21日付・一面」に取り上げられました。世論も力に、認可保育所の大幅増設を実現するために全力を尽くします!
東京新聞掲載.JPG










東京新聞2月21日付に掲載

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/139

コメントする

山田耕平