HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

東日本大震災を教訓として 自主参加型一斉防災訓練(シェイクアウト訓練)を実施
| コメント(0) | トラックバック(0)
3月11日(月)同一時刻に、大地震を想定した一斉避難行動

 杉並区では、東日本大震災を教訓として、自主参加型一斉防災訓練(シェイクアウト訓練)を行います。
 シェイクアウト訓練とは、同一時刻に一斉に地震を想定した避難行動をとるものです。現在、訓練の参加者登録を受け付けています。
 この訓練を家庭や職場などで実施することで、地震に対する身の安全確保と防災対策の再点検を行いましょう。
同時訓練.JPG






※訓練内容と詳細
【日時】3月11日(月曜)午前11時から3分程度
【訓練内容】
1.『区内で震度6強の地震が発生した』と想定し、「姿勢を低くする」「身を守る」「揺れが収まるまで待つ」など、各自で一斉に身の安全を確保します(上図参照)。
2.その後、各家庭・職場等で避難経路や非常食などの確認、家族や社員の安否確認等の訓練を行ってください。
【問合せ先】危機管理室防災課  TEL:03-3312-2111(代表)

※参加者登録受付中
参加人数把握のため、登録者を受け付けています。
登録ご希望の方は、杉並区役所ホームページをご覧ください。

訓練当日、午前11時に防災行政無線で訓練実施についての放送が行なわれます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/134

コメントする

山田耕平