HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

火災延焼シミュレーションの深刻な内容・・・ 初期消火態勢の構築が急務
| コメント(0) | トラックバック(0)
 荻窪消防署から提供していただいた、火災延焼シミュレーションです。実物を見たいという要望が寄せられましたので、upします。

 実際に住宅密集地域で出火し、その後、初期消火が行なわれなかった場合、どのようなことが起きるのか、火災延焼シミュレーションで確認できます。

白色    :木造建物
黄色    :防火造建物
濃い黄色 :準耐火造建物
青色    :耐火造建物
赤色    :延焼中建物
黒色    :焼落ち建物
※無風状態でのシミュレーション

荻窪消防署作成_延焼シュミレーション_ページ_1.jpg
0分後 中心部分に微かに発火点が見えます。





荻窪消防署作成_延焼シュミレーション_ページ_2.jpg
10分後 火点が徐々に広がります。

※初期消火の対応がされない場合、これ以降、急速に延焼が拡がります。



荻窪消防署作成_延焼シュミレーション_ページ_3.jpg
60分後 周辺の建造物に延焼していきます。

※住宅密集地域で一箇所から出火した場合、1時間後には周囲の17棟の建物に火災が拡がっています。 1時間が経過した場合、消防関連組織でも消火活動が困難となります。


荻窪消防署作成_延焼シュミレーション_ページ_4.jpg
120分後 火は勢いを増し、耐火造建物にも火災が拡がります。中心部分では焼け落ちた建物が増え始めます。

※2時間後には周囲の約50棟に延焼が拡大することが分かります。


荻窪消防署作成_延焼シュミレーション_ページ_5.jpg
180分後 火災は広範囲にわたり、拡がり続けます。

※手がつけられない規模に火災が拡がっています。



 きわめて、深刻な状況です。大規模な震災発生時、同時多発的に火災が発生した場合、消防関連組織が駆け付けることが困難になります。
 住民同士の初期消火が必要不可欠です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/45

コメントする

山田耕平