HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

今日から決算特別委員会、その前に生活相談 区民の暮らし向きは悪化の一途・・・
| コメント(0) | トラックバック(0)
 本日から、決算特別委員会が始まります。
 と、その前に、開催1時間前の9時に福祉事務所に50代の男性相談者と生活保護の申請に行ってきました。

 この方の生活状況は本当に深刻でした。

 その方は、80代の母親と二人暮らし。
 自営業でギリギリの生活をしてきましたが、母親の認知が始まり、常時、介護が必要になっていました。
 自営業のため、介護と仕事の両立が難しく、転職も考えましたが、170社以上面接を受けても、全て落ち(年齢を理由に)蓄えを切り崩しながら、生活をしてきました。
 母親の年金も少なく、ギリギリの生活をするうちに母親の状態が悪化、この数日は急激に衰弱し、食事も摂れなくなってきました。
 昨日、相談を受け、ケア24にも緊急相談し、母親は急遽入院。
 本日、福祉事務所に生活保護の申請に行ってきました。
 この方は、仕事をする意欲もあり、体も健康ですが、母親の介護と仕事を両立することが出来ず、徐々に生活困難に陥っていきました。

 もし、「特養ホームの数が足りていたら・・・」「年齢で就職を差別されることがなかったら・・・」「行政サービスの情報提供が適切にされていたら・・・」等々、ここまでに陥る前に、できる事が多々あったかもしれません。

 このような実態は、適切な行政施策があれば、生活を立て直すことができたかもしれません。
しかし、率直に言って、今の行政施策はあまりに不充分です。

 区民の暮らしを守るための政治を実現することが、何よりも必要になっています。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/44

コメントする

山田耕平