HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク

カテゴリ:

くらしを守る区政の実現を 若い力で区政を変えます!
| コメント(0) | トラックバック(0)
子育て応援 青年に希望を

◇認可保育園増設、待機児ゼロに
 進捗状況 待機児童ゼロに向け、不充分ながら、認可保育所を中心とした施設整備が進み始めています。

◇貧困から子どもを守る施策を
 進捗状況 次世代育成基金が設置されます。

◇青年への家賃助成を
 進捗状況 青年のみならず、高齢者世帯向けの家賃助成を求めています。

◇青年向け就労支援制度の創設を
 進捗状況 杉並若者就労支援センターが設置されました。ハローワークとの連携により、区内で就労相談及び求人紹介が行なわれます。

医療・介護 高齢者の支援を

◇特別養護老人ホーム増設を
 進捗状況 特養ホーム待機者解消に向けて、和田本町アパート跡地に特養ホームが設置されます。荻窪団地建て替えに伴い、公益施設用地部分に、80名~100名規模の特養ホームの増設が決定しました(2016年完成予定)。詳細は週刊ニュース97号に掲載。
 待機者の人数に比べ、施設整備が圧倒的に遅れていますが、公有地確保などで、さらなる増設を求めます。

◇国保・介護保険料の負担軽減を
 進捗状況 区独自の負担軽減策や保険料段階の多段階化(細分化)により、保険料負担の軽減を求めています。介護保険料の多段階化は一部実現しました。

◇高すぎる医療費の窓口負担の引き下げを
 進捗状況 各種医療費助成の拡充を求めています。

安心して住み続けられる杉並に

◇災害に強い街づくりを
 進捗状況 地域毎の防災対策の強化、自主防災組織への支援、自助・共助だけではない公助の防災対策の強化を求めています。

◇障がい者サービス利用等、自己負担を無料に
 進捗状況 障害者の願いに沿った障害者総合支援法の実施を求めています。障害に応じて、区独自の支援サービスの拡充、負担軽減策の拡充を求めています。

◇障がい者が住み慣れた地域で安心してくらし続けられるようグループホームやケアホーム、ショートステイの整備を急ぎます。
 進捗状況 設置規模は極めて不充分ですが、障害者向けグループホームの整備が始まります。

◇地域の活性化と商店街の振興を
 進捗状況 産業振興計画の改定が行なわれます。

◇地元業者への支援を
 進捗状況 住宅リフォーム費用助成制度の創設を求めています。

◇侵略戦争美化の教科書中止を
 進捗状況 歴史教育を歪める教科書は採択されませんでした。

◇憲法9条を守り、杉並から核兵器廃絶の声を世界へ
 進捗状況 杉並区は、平和市長会議に加盟しました。

住みよい街づくりへ

◇上井草駅の南北自由通路の実現
 進捗状況 西武新宿線の各駅周辺地区まちづくり協議会が行なわれています。沿線住民への聞き取りを進めています。地域住民の方々と上井草駅横の踏み切りでの実態調査活動を開始しています。詳細は週刊ニュース102号に掲載。

◇井荻駅のバリアフリー化
 進捗状況 西武新宿線の各駅周辺地区まちづくり協議会が行なわれています。沿線住民への聞き取りを進めています。

◇旧早稲田通り歩道の段差解消と電柱の地下化
 進捗状況 吉田信夫都議と連携し、関係所管への聞き取りを進めています。

◇八丁周りの西武バスの本数増便
 進捗状況 西武バス路線が増便しました。詳細は週刊ニュース1号、10号に掲載。

◇1メートル1億円の外環道計画の中止を
 進捗状況 外環道本線、外環地上部街路(外環の2)中止を求めています。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamadakohei.jp/admin/mt-tb.cgi/19

コメントする

山田耕平